【理解度チェック】セルフメディケーションの定義、WHOと日本の違いは?

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 セルフメディケーション

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 セルフメディケーション

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座を勉強をしている中で、
「セルフメディケーション(1章14番)」について学びましたのでご紹介します。

以下の内容、皆さんはわかりますか?
理解度チェックとしてご活用ください。

——————————————————————
WHO(世界保健機構)のいうセルフメディケーションとは?
——————————————————————
自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする

——————————————————————
日本でのセルフメディケーションとは?
——————————————————————
一般的なセルフメディケーションの定義は、一般用医薬品の利用のほか、食事と栄養のバランス、睡眠、休養、運動、禁煙等の生活習慣の改善を含めた健康維持・増進全般について

アフロ先生によると、穴埋め形式で、WHOと日本のセルフメディケーションについて出るそうです。
だいたいこんなことなんだなということを頭に入れておいてくださいとのことでした。

【先着5社限定】『アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座』法人研修eラーニングバリューパックを発売中!!■■

【法人研修eラーニングバリューパックとは?】
大好評のeラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」(通常1ユーザあたり13,889円(税抜)/365日)をユーザ数無制限でご受講頂けるお得なパッケージです。eラーニングマネジメントシステム「SmartBrain」がセットになっているので、学習者の成績管理が可能です。先着5社限定で大幅割引にてご提供致します。

【法人研修eラーニングバリューパックの詳細・お問い合わせ】

Webサイト http://afro.elearning.co.jp/?page_id=4438

【アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座の詳細】

Webサイト http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

■■テキストプレゼントキャンペーン中!!■■

2016年3月1日~2016年6月30日まで
(キャンペーン内容)

対象期間中講座をご購入頂いた方に、通常別売りとなる『最短合格! アフロ先生と学ぶ 登録販売者合格テキスト』をプレゼントいたします。
テキストを併用した学習で完璧な対策を!ぜひこの機会にお申込みください。
(※ご購入後、コースの中の「テキストプレゼントお申し込み(ご購入後1ヶ月以内まで)」からご連絡いただいた方が対象となります。)

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 詳細・ご購入はこちら

詳細ページ http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80
アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 365日間パック 15,000円(税込)
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.06.22
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ