【風邪の引きはじめには葛根湯?】~葛根湯があう体質と副作用を知る

生薬成分カッコン(アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座)

生薬成分カッコン(アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座)


こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

2児の男の子をもつ主婦の私ですが、eラーニング(アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座)で「登録販売者※1」の資格合格を目指しています。
みんなの健康に関する気になるトピックを、登録販売者の勉強で学んだことからお伝えしていきます。

~風邪薬として一般的な葛根湯ですが、体質によっては服用しないほうが良かったり、漢方だけど副作用があるということは、ご存知でしょうか?コンビニ(登録販売者のいる)やドラッグストアなど、どこでも手に入る薬であるけれど、服用する際には注意も必要です。~

最近、凍り付くような寒い日が続き、体調を崩す人も多いですね。

風邪をひいたかもしれない。
そんな時どうしたらよいか。
「葛根湯」を飲む。という人も結構いるかと思います。
「風邪の引きはじめには葛根湯」というくらいだけあり、今や葛根湯は、どこのドラッグストアでも売っている代表的な風邪薬です。

しかし、万人向けというわけでもないのです。

さあ、葛根湯の特徴を見ていきましょう。

【体質※2】・・・体力中程度以上の人。

【効果】解熱鎮痛成分。かぜのひき始めにおける諸症状、頭痛、肩こり、筋肉痛、手足や肩の痛みに適するとされる。

【副作用】・・・体の虚弱な人(体力の衰えておる人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感などの副作用が現れやすいなど、不向きとされる。まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることが知られている。

そうなんです、虚弱体質の人は逆に副作用が現れやすいので不向きなんです。

「風邪を引いたら葛根湯」とよく耳にするため、とりあえず飲んでしまいがちですが、体質をきちんと知ってからの服用が必要となりますね。

ちなみに、葛根湯は生薬成分「カッコン」がクズを基原とするため、葛根湯のドロドロは、クズのドロドロだそうです(byアフロ先生)

登録販売者の資格勉強は、自分や家族の健康に役立つ情報満載です

登録販売者資格は、少し時給の高い登録販売者パートとして採用されやすくなり、ドラッグストア店長にもなれる資格です。
去年から誰でも受験できるようになりましたよ。

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座では、効率よく資格取得を目指すことができるので、「子育てをしながら」「アルバイトをしながら」といった忙しい人に役立つ教材になっています。

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座詳細はこちら

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
詳細ページ http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

ご購入はこちら

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 365日間パック 15,000円(税込)
【今すぐ購入する】

再チャレンジ応援します!


キバンインターナショナルでは、登録販売者試験への再チャレンジを応援しています!
今回残念な結果になってしまった方、ぜひ以下の、アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座をお試しください。
この講座は、納得の2大保証を実現!

合格保証
この講座を受講された方が、万が一不合格になってしまった場合、無償で受講期間を延長できます。
しかも延長回数は無制限、合格するまで延長することが可能です。
(延長申請の際は、受験票、もしくは、合否通知 の写真送付など、不合格となってしまったことを証明するものが必要です。)

30日間返金保証
「購入してみたけどちょっと合わない」「満足できない」そんな方には、30日間返金保証を行っております。
(返金申請の方法は講座内に掲載しておりますのでご確認ください。)

※注釈

※1(登録販売者とは)・・・一般医薬品(大衆薬)のうち、第2類・第3類医薬品を販売することができる、薬剤師に次ぐ薬の専門資格者。ドラッグストアで薬を販売する際に必要な資格です。
昨年4月から、受験資格の内容が変わり、誰でも受けられるようになった。

※2(体質)・・・・漢方の適応となる体質傾向は、一般的に以下の5段階がある。
・体力が充実(体ががっちり、胃腸が丈夫、体温が高い)
・比較的体力がある
・体力中等度
・やや虚弱
・体力虚弱(胃腸が弱い、冷えやすい)

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。