参加者アンケート【教育する側としても判断材料になりそう】第18回キバン女子勉強会「こどものやる気スイッチを探す!」~子育てコミュニケーション講座

子育て女子会ブレスト
こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

先日6/15(月)に、第18回女子勉強会「こどものやる気スイッチを探す!」~子育てコミュニケーション講座より が、無事終わりました。

今回の女子会のまとめは、

内発的な、やる気スイッチを見つけるためには、「親が心理的に子供の可能性を信じていることが大切。」

ということでした。

お互いの子育ての悩みなども、共有できて楽しい会となりました。

参加者の感想は、こちらになります。
———————————————————————————–

1、 やる気(達成動機)は、「内発的動機づけ」と「外発的動機づけ」があることを知っていましたか? 
→聞いたことはある。

2、「期待」が子供のやる気スイッチをONにする(学習意欲を引き出す)という「ピグマリオン効果」は、知っていましたか?
→知らなかった。

3、今回学んだ内容を、実際に活かせそうであれば、どんな場面ですか?
講義の仕事などで、学習者の動機はどちらに(内発的か外発的か)該当するのか、あてはめて考えてみることができそうだと思いました。(教え方の)判断材料にできる。

4、eラーニングといえば、どんなイメージがありますか?
私自身よく利用していましたので、忙しい社会人にとっては、時間や場所を選ばない、便利なイメージです。

5、eラーニングは、どんな活用方法があると思いますか。
→資格を取るための手段。

6、女子勉強会は、どのようにしたら、よりよくなると思いますか?
今回初参加でしたが、みなさん意見を言いやすい雰囲気で、すでに素晴らしいものであると感じました。
8、何か学びたいリクエストはありますか。
→お金について

9、女子会に参加してみてご感想があればお聞かせください。
→お仕事のみならず、ご家庭のことに関しても、みなさま学習の意欲が高く、熱心で、とても素晴らしいと思いました。

———————————————————————————–

とても貴重なご意見をいただきました。ご協力ありがとうございました。

『子育てコミュニケーション』講座サンプル


コミュニケーションの最小単位である『親子』のコミュニケーションが、成長後の子供のコミュニケーション能力を大きく左右するといわれております。母親であり教育心理学者である小巻亜矢先生と、学習学の提唱者本間正夫先生のコラボレーションとテキスト教材で学習します。
講師:NPOハロードリーム実行委員会 代表理事 小巻亜矢先生 株式会社らーのろじー:代表 本間正人先生
内容
1)テキスト
2)<別冊> 脳のしくみ・ヒトの成長生理
3)Eラーニング(パスワードで閲覧)の受講(受講期間1年間)
4)子育てに関する質問受け付けご案内
<価格 3,980(税込)テキスト付>

子育てコミュニケーション講座 詳細はコチラ

子育てコミュニケーション講座

子育てコミュニケーション講座 ご購入はコチラ

子育てコミュニケーション講座
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ