【カラリストへの道】青色LEDの発見で、加法混色の3原色が揃った!!

キバンインターナショナル衣笠です。

青色LED発明により、
今年のノーベル物理学賞を名城大学教授の赤崎勇さん、名古屋大学大学院教授の天野浩さん、アメリカのカリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の中村修二さんへの
授与が決まりましたね。

これまで赤色と緑色のLEDは発見されてましたが、
今回の青色LEDが発見されたことによって加法混色の3原色が完成することに成功したということです。

光の3原色

光の3原色

図をご覧いただくと一目瞭然、
これまでのを重ね合わせると、Y黄色になるのですが、
さらに青を加えるとが完成するんですね!!

驚き~~~

これの白色LEDの高輝度化によって、

液晶ディスプレーのバックライトや照明機器の進化が加速することになるんですね!

青色LED:青色に発光するダイオードのこと。発光波長の中心は470nm前後である。

加法混色は11月の色彩検定3級の試験にも出題されていましたね。

色にご興味のおありの方は、中間たかえ先生の色の特徴とルールを知ろう!色の法則基礎講座 (色彩検定3級対応)をご覧ください。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.Kinugasa Noriko0 Comments2014.12.16
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。