【カラリストへの道】銀座のディスプレーに見るクリスマスカラー

キバンインターナショナル衣笠です。

あっという間に12月も中旬に突入し、いよいよクリスマスモード真っ只中です。
銀座を歩いても、

2014年クリスマスディスプレー 銀座松屋

2014年クリスマスディスプレー 銀座松屋

↑松屋 銀座のディスプレー

2014年クリスマスディスプレー 銀座 ルイ・ヴィトン

2014年クリスマスディスプレー 銀座 ルイ・ヴィトン

↑ルイ・ヴィトンのディスプレー

共通点はお分かりですか?

そうですね、ですね。

クリスマスはもともとイエス・キリストの誕生を祝うお祭りであり、血を赤で表していると言われています。
そしてキリストの柊の王冠で表しているそうです。
宗教色の薄い日本ですが、この赤と緑のコンビは見事クリスマスの象徴的カラーとして根付きましたね。

さて、赤と緑は補色対比の関係なので、彩度が増して鮮やかに見える素敵な関係なのですね。
ちなみに、ここで言う赤は色相番号2:Rの赤、緑は14:BGの青緑です。

2014年銀座ルイ・ヴィトン クリスマスディスプレー

2014年銀座ルイ・ヴィトン クリスマスディスプレー


このように、風船一つ赤色にするだえで、立派なクリスマスディスプレーの出来上がりですね。

赤は情熱的なイメージ、やる気を起こさせたり興奮作用をもたらします。
慌ただしい12月、赤色を周辺に置いてモチベーションを上げて頑張りましょう!

色についての詳しい内容
中間たかえ先生の色彩のルール

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.Kinugasa Noriko0 Comments2014.12.13
TAGS  
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。