ロシアCDS上昇・ドル建て国債下落、EUの追加制裁案受け【経済ニュースで分かる証券外務員試験対策】

globe

こんにちは!

キバンインターナショナルのアルバイト、西谷です。

経済ニュースって専門用語が多くてちょっと分かりにくい。

そんなとき、実は証券外務員の知識が役に立ったりするのです。

経済ニュースを読み解くワンポイント知識をお届けするこのシリーズ。

ニュースと証券外務員の勉強が両方できて一石二鳥です。

では、今日のニュースいってみましょう。

(試験に出やすいポイントを解説する為、過去のニュースになることがあります。)

今日のニュース: ロシアCDS上昇・ドル建て国債下落、EUの追加制裁案受け 

(2014年7月25日のニュース)

欧州連合(EU)がロシア国営銀行に対する資本規制を検討していることが明らかになったことで、ロシアのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)が上昇、ドル建て国債は下落した。
 マークイットによると、ロシアのCDSは1週間ぶり低水準となる197ベーシスポイント(bp)で取引開始後、17bp上昇した。前日比では9bpの上昇。
朝日新聞デジタル2014年7月25日の記事より引用)

試験に出るワンポイント解説:CDSとは

CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)とは、債務不履行や会社の破綻などの信用事由(クレジットイベント)が発生した場合に限って、補償額が支払われる金融派生商品(デリバティブ)です。

CDSの買い手は、売り手に保険料(プレミアム)を支払い、代わりに信用事由が発生した場合に損失相当額をCDSの売り手から受け取る権利(プロテクション)を得ます。

CDSの価格は、国債に何ベーシスポイント(1bp=0.01%)上乗せした保険料が必要かで表し、この数値が大きいほど信用事由の発生確率が高いと市場が判断しているということになります。

 

詳細は、こちらのe-learning講座ををご覧ください。

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員講座対策問題集も好評発売中!

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.yasu.tanaka0 Comments2014.08.22
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。