経営法務 知的財産権「特許請求の範囲」です。

今日の映像によるワンポイントアドバイスは、中小企業診断士 1次試験対策 経営法務 知的財産権「特許請求の範囲」です。
特許権で権利を保護する場合は、特許請求の範囲の記載内容どおりでなければなりません。
また、特許侵害かどうかについても特許請求の範囲がポイントになります。

その点について、山口氏の分かりやすい解説でお伝えしています。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2014.06.17
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。