カルマンフィルターの手法を用いたガイダンスの特徴

気象庁が行っている地上気象観測における気圧と風の観測,通報等について述べた次の文(a)〜(d)の正誤の組み合わせとして正しいものを,下記の①〜⑤の中から一つ選べ。
(a) 気圧の単位にはhPa(ヘクトパスカル)が使われる。1hPaは,1m2あたり100N(ニュートン)の力が働く圧力の大きさである。
(b) 気圧変化の型は,観測時前6時間内の気圧変化の特徴を最もよく表現しているものを9種類の型の中から選択し,気圧変化の量は,観測時と6時間前の気圧の差で観測時の気圧が高い場合を正として求める。
(c) 風の観測結果を地上実況気象通報式に従って通報する場合には,観測時前10分間の平均風を,風向は36方位で,風速はノット単位で表記する。
(d) 10分間平均風速が0.5m/s未満の場合を静穏という。


佐々木恭子先生の気象予報士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=4903

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2013.11.09
TAGS  
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。