効果的な模試の受け方(行政書生講座 葛原先生)

模試は、受けることに意義がある。受けるだけで点数が伸びる! 
→何故か。
 模試には、必ず、見たこともない問題や、思い出しにくい問題もでます。
 こういったもので不安になっていくと、力を発揮することが出来ません。
 このような事態に対処するため(難しい問題も気持ちを切り替える)等の練習に模試は適しています。
 

模試の受け方

ではどうやって受けるか。これは、市販のものでO.K

出来不出来には、あまりこだわらくても良い。
(今、解ける問題を確実に解けたか、そういったところをチェック)

受けるときのチェックポイント

・時間配分

・解く順番を決める・・・記述式

特に、記述式の配点は大きいので、「記述式の時間がなかった」ほど勿体無いことはありません。
記述式に時間を取れるような時間配分を考える必要があります。

一般知識等の中に、読解が3問あります。ここも是非、時間をとっていただきたいです。
読解は比較的準備がいらずに点がとれますので、読解をまず解く、というのをおすすめしたいと思います。

・解ける問題を解く(解けない問題で悩まない!)

行政書士試験は難しいです。
解けない問題を無理に解かない、ということも大切です。解ける問題を確実に解くことが大切です。

模試に時間を費やさない

時間節約の一例:
確実に正解した問題 → 復習しない
まぐれで正解した問題 → 復習

学習したのに間違えた → 復習
勉強していないので間違えた → 自身の学習計画にそって復習

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2013.11.30
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。