空気中の汚染物質

汚染物質は、物質の状態(気体、液体、固体)によって大別され、さらにそこから細かく分かれます。

気体物質はガスと蒸気に、個体物質は粉じん、ヒュームに分かれます。
(液体状物質はミスト)

ヒュームというのは、元々高温の液体だったものが蒸気になって、空気中で冷やされ個体になったものなので非常につぶが細かいです。
それに対して「粉じん」というのは金属の研磨やセメントの袋詰の際に発生する、空気中に浮かんでいる粒です。ヒュームに比べて粒の大きさが大きいと思ってください。

ミストは、霧をイメージすると良いかと思います。

ガスと蒸気の違いですが、常温で気体のものをガス、蒸発して気体になったものを蒸気といいます。
例えばガソリンですが、ものすごく低い温度でも「蒸発して」気体になります。(蒸気が発生している)でも、ガソリンは皆さんが生活している温度(常温)では液体です。
(ガソリンスタンドでは液体を給油してますよね)なのでガスではありません。

当たり前のようですが試験の選択肢で見るとうっかり勘違いしてしまう事があるので、しっかり抑えておきましょう。

【ユーザー登録して無料サンプルを閲覧】

はじめての方・・・下記【初めて利用します。(ユーザ登録を行う)】をクリックしてください。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからでもユーザ登録頂けます(入力項目が少ないので簡単に登録できます)。ユーザ登録頂くと、たくさんのサンプル講座をご覧頂けます。

ユーザ登録がお済みの方・・・ID、PASSをご入力後、ログインボタンをクリックでログイン頂けます。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンをクリックするだけでログイン頂けます。

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

第一種衛生管理者が自宅で二日で合格! 12,800円(税込)
【今すぐ購入する】

第二種衛生管理者が自宅で8時間で合格! 9,800円(税込)
【今すぐ購入する】


Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2013.06.23
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。