様々なボイラ:水管ボイラ

上部と下部にドラムを設け、多数の水管でつないだ構造になっています。
水管のまわりを燃焼ガスであたためることにより蒸気を発生させます。国産ボイラーでは、ロ号艦本缶や宮原式ボイラーが有名どころでしょうか。丸ボイラーと比べて、効率が良いのが特徴です。
もちろん、メリットだけでなくデメリットも有ります。

広島の大和ミュージアムには、「金剛」搭載のヤーロー式ボイラーが展示されており、建築設備技術遺産認定だそうです。ボイラー好きの方は是非立ち寄ってみると良いかと思います。
http://www.yamato-museum.com/topics/information/2012/06/post-42.html

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2013.08.22
TAGS ,  
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。