教養講座「工芸のある生活」収録始まる

飄現舎様によるメールマガジン、ネット活用塾にて、石川恭子先生の講座をご紹介頂きましたので、こちに転載致します。


【ネット活用塾@飄現舎】教養講座「工芸のある生活」収録始まる

以前にもご紹介しましたが、パンダスタジオで「工芸のある生活」と題した工芸作品を紹介するWEB講座(教養講座)のサンプル撮りが先日行われました。
講師はこのメルマガでもお馴染みの「釉美屋の女将 石川恭子」(ネット活用塾メンバー)ですが、紹介する工芸作品が小さいのでどう撮影するか、パンダの方達とも色々議論しました。

パンダスタジオでの収録には必ずサンプル撮りがあります。
講義スタイルを決めたり、スタジオに慣れたりするためですが、収録した動画はYouTubeにアップしてPRに使うため無駄がありません。

今回の講座では、事前に、テーブルを置いてその上に工芸作品を置き、座って説明するか、立って説明するか、相方を入れて対談風にするか、カメラは1台か2台か等々さんざん議論したのですが、結局サンプル撮りでは立って話すスタイルになり、カメラは1台になりました。

パンダスタジオでの撮影の基本は、カメラは固定、クロマキーでパワポなどの資料と講師を合成して録画します。
目の前にあるモニター画面(資料と講師が合成されている)を見て、自分の背景(なにもないブルーバック)を指しながら話すので、慣れる必要があります。
立ち会って見ているとなんとも不思議な世界です。

さて、今回サンプル撮りしたものは、釉美屋の女将にとって納得の動画ではないですが、ご紹介します。(もちろん本人の了解は取っています)
だいぶ緊張の硬さが見えますが、初めてのクロマキー撮影にしては上出来でしょう。

●釉美屋の女将 石川恭子の工芸講座 サンプル 紫優子の陶胎漆香合

4月に入ったら本番収録ですが、制作本数は50本です。

パンダスタジオを運営するキバンインターナショナルの中村さんが、本講座について1月に書いたブログです。
釉美屋さんが吾妻橋のギャラリーで開催していた「日本刺繍展」で、初めて女将に会った時の話です。
こうやってお互いにPRし合っています。

良好なネットワークですね。
⇒ http://blog.elearning.co.jp/archives/32378.php

今回はこんなところです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2013.03.18
TAGS , ,  
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。