中小企業診断士を取得する! 第6回「中小企業診断士になるには」

中小企業診断士を取得する! 第6回 「中小企業診断士になるには」です。
こんにちは。4dan4.jp 中小企業診断士資格支援コンソーシアムの金高です。
 
 
前回まで、中小企業診断士の活動フィールドについてお伝えしました。今回は、「中小企業診断士になるためには」をお伝えします。
 
 
下の図をご覧下さい。
 
 

 
 
1次試験、2次試験に合格し実務補習を15日間受講して中小企業診断士として登録するのが一般的です。
ここ数年は中小企業大学校をはじめとする登録養成課程を受講し中小企業診断士に登録する方も増加しています。ただし、登録養成課程は1年間の長期の通学が必要であり、かつ、受講料が150万円以上と高額です。
 
 
ここでは、1次試験と2次試験を受験して合格する流れを対象としたいと思います。
 
 
・1次試験
中小企業診断士試験は、毎年、1次試験が8月、2次試験が10月にそれぞれ1回ずつ行われます。
1次試験は以下の7科目で択一式の試験です。合格基準は、700点満点のうち60%(420点)を得点すれば合格となります。ただし、1科目でも40点未満の科目があると不合格となってしまいます。
逆に考えると、1科目あたり40%まで間違えても構わないので、バランス良く学習することが合格の秘訣です。
また1次試験が不合格になっても、60%相当の得点と認められる場合は、その科目のみ合格となります。
3年以内に7科目合格すれば、その時点で1次試験合格となります。つまり、科目合格は3年以上持ち越せないということになります。
 
 
・2次試験
1次試験合格のみに受験資格が与えられます。科目は以下の図の通りで1次試験と違い論述試験です。
1次試験の合格年と翌年の2回の2次試験受験資格が与えられます。したがって、1次試験を不合格となっても、翌年は2次試験のみを受験することができます。
また、1次試験合格の年に2次試験を不合格になった場合、翌年の2次試験に不合格となれば、改めて1次試験から再受験ということになります。
逆に、2次試験に不合格になった翌年に1次試験を再受験して合格すれば、1次試験の最終合格年とその翌年に2次試験を受験することができます。
 
 

 
 
次回は、1次試験の学習法についてお伝えしたいと思います。
 
 
4dan4.jpにも同じ記事を掲載しています。
 
 

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.yasu.tanaka0 Comments2011.10.12
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。