中小企業診断士 SWOT分析3つの活用法

中小企業診断士 SWOT分析3つの活用法をお伝えします。
こんにちは。4dan4.jp 中小企業診断士資格支援コンソーシアム 総合プロデューサーの金高です。
 
 
SWOT分析の活用は、2次試験の合否に大きく影響します。
しかし、強み・弱み・機会・脅威の抽出ツールだけにSWOT分析を行っている方が多くいらっしゃいます。
それでは、2次試験合格答案を作成することはできません。
 
戦略を策定する際には、SWOT分析からクロスSWOT分析へ展開する必要があります。
ただし、中小企業診断士の2次試験の場合は、クロスSWOTのうち3つを考えるだけでよいでしょう。
下の図をご確認ください。
 
 

 
 
それでは、映像でもう少し解説してみたいと思います。
以下は、2004年度本試験財務事例の抜粋版の与件文です。
与件文を読み、ご自身でD社の戦略の方向性を考えてから、映像を確認してみてください。
SWOT分析の3つの活用法が良く理解できると思います。
 
 



どうでしたか?それでは、映像で解説したいと思います。
 
 

 
 
今後とも、よろしくお願いします。
 
 
4dan4.jpにも同じ記事を掲載しています。
 
 

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.yasu.tanaka0 Comments2011.06.26
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。