4dan4.jp 学習に役立つニュース 「百貨店に家電量販店“侵攻”」

みなさん、こんにちは。
4dan4.jp 中小企業診断士資格支援コンソーシアム 総合プロデューサーの金高です。
今日の学習に役立つニュースは、「百貨店に家電量販店“侵攻”」です。

百貨店の売り上げに家電量販店が迫っています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110613-00000000-fsi-bus_all

昔は消費(販売)をリードしていた百貨店が、一つのカテゴリー店に抜かれるかも知れません。

診断士の学習をしていなければ「時代は変わったな」でいいですが、
診断士の学習をしている方であれば、経済のサービス化とTFP寄与度を思い出してください。

家電量販店は家電だけを売っているわけではありません。
各種サービスも提供していますし、パッケージソフトや住宅太陽電池も売っています。

消費・生活スタイルは、ITや情報、電気製品をベースにしたものになっており、
これらのグッズを使っての情報やサービスの交換に、経済の本流がシフトしたと言えるのではないでしょうか。

サービス経済は、「百貨」ではないということですね。

写真はイメージです。

マーケティングミックスで考えると、
家電量販店の顧客と百貨店の顧客は、重複している層も多いでしょう。

しかし、4Pの製品戦略(品揃え)と価格戦略が大きく異なっています。

身の回りのちょっとしたニュースとキーワード、理論の関係を考えることが、企業経営理論の学習につながります。
頑張ってください。

4dan4.jpにも同じ記事を掲載しています。

 

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.yasu.tanaka1 Comments2011.06.16
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。