「前提知識」と「達成される内容」

eラーニング受講者に試験を行う際、大切なポイントを紹介します。

キーワードは、「前提知識」と「達成される内容」

・前提知識

試験を受ける際に、どんな分野が出題されるかが全く分からない状態受けることはあまりないと思います。その試験を受ける受講生に、「どれぐらいの知識を持っていなければならいのか」、ということを受講生に正確に伝えてあげましょう。

・達成される内容

この試験が終わったらどんなことが達成できているのか、ということです。

たとえば、英検3級が合格できるようになっているだとか、自動車学校で免許がとれるようになるであるとか、どういう内容なのかをまず伝えてあげる。それによって、自分が今何に向かっているかが分かり、学習の集中力を高めることにつながります。

この2つを盛り込むことで、受講者はどれだけ勉強すればよいのか、どれだけ自分にメリットがあるのかが分かり、モチベーションにつながることでしょう。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.t1 Comments2010.11.17
TAGS , , , ,  
記事の投稿者
 

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ