タグ別アーカイブ: eラーニングのメリット

eラーニングのメリットとデメリットとは?

CATEGORIES eラーニングby.kobayashiseira0 Comments2016.05.13

今回はeラーニングのメリットを解説していきます。例えば、集合研修の一部をeラーニングにすることによってどのような利点があるのかをみていきます。

1.時間や場所の制約がなくなる

eラーニングでは、全員が同じ時間、同じ場所にいる必要がなくなります。その結果、研修施設へ移動したり、宿泊するコストを削減できます。PCなどを利用できる環境であれば受講が可能であるため、一度に多くの方に、それぞれのペースで受講してもらえるようになります。

2.自分のペースで学習ができる

また、同じ内容をもう一度見直すこともできるので、自分の理解のペースにあわせて学習ができるようになります。管理者側は、どの程度理解したか、どの程度資料を読み進めたのかをチェックできるようになります。

3.学習の履歴をとることができる

eラーニングと、ネットを利用して受講者にファイルを送信することとの決定的な違いは、eラーニングでは誰が、どの程度進捗し、どのような成績であるかといった学習履歴を残すことができるという部分です。したがって、テキスト教材と確認問題や試験問題を設定することによって、受講者の理解度をチェックすることができます。

4.資料配送の手間がかからない

学習内容はネットを通じて配信されますから、これまでのように資料を郵送したりする手間や切手代・DVD代などの材料費はかからないことになります。
(もっとも、初期に導入費用がかかりますが、資料の郵送・切手代とその手間を考えると、郵送する人数が多ければ多いほど効率が上がることになります)

5.研修のコストを下げることができる

ここまでにも説明してきましたが、集合研修の際の講師代・場所代、参加者の交通費・宿泊費、またそれぞれにかかる時間・経費を大幅に節約することができます。集合研修を実際に行う際にも、eラーニングと組み合わせる方法が用いられています。eラーニングで受講者にあらかじめ知識を定着させておくことで、受講者のレベルを均一にし、理解や定着度を上げる一方、研修にかかる時間を減らすことができるという、いわゆる「ブレンディッド・ラーニング型」の研修です。

eラーニングと集合研修のコストを比較した試算をご紹介します。この表では、完全にeラーニングにした場合ですが、集合研修を完全になくすのではなく、eラーニングを導入することで集合研修が効率化し、研修に必要な日数を削減することが可能となります。

集合研修を行った場合と、eラーニングを行った場合の費用比較

 
これはあくまで参考ですが、2,000名に対して1泊2日の研修を行ったとします。
集合研修では、1日目午前、午後と講師を招いて講義を行い、2日目には試験・採点・講評を行うというスケジュールだとすると、およそ8000万ものコスト削減が可能となります

→こちらを参照 http://elearning.co.jp/?page_id=731

集合研修とeラーニングを同時に行い、集合研修の時間を短縮した場合にも、基本的には同じようにコストを抑えることができると考えられます。

もちろん、eラーニングを行った際のデメリットも存在します。
ここからはデメリットについて解説していきます。

1.臨場感と強制力のなさ

eラーニングにすることのデメリットは、即座にその場で学習してもらう強制力を持たないこと、臨場感のなさなどが挙げられます。
その結果、eラーニングを導入してもなかなか受講してもらえないといった問題が起こりえます。

学習期間を決めて、メールなどで「学習が遅れています」といった通知をすることはできますが、実際はそれだけでは受講率が上がらず、上司から受講を促すといった方策がとられているところが多いようです。

2.ITスキル・IT環境のない受講者に受講させることが難しい

ある程度の速度のネット環境と、PC、そしてそれを使える技術がなければ、eラーニングをそもそも受けてもらえません。

このページを見ている方は全く問題ないのですが、「会社全員、グループ会社・販売代理店も含めて学習してもらいたい」といった中には

  • 比較的高齢でパソコンを使ったことが無い
  • パソコンはあるが回線速度が遅く、動画や資料をやりとりできない
  • そもそもパソコンが無い

といった方もいらっしゃいます。このような方たちにeラーニング教材を提供するには、集合研修などによる利用法の説明など、大きなハードルを乗り越えなければなりません。

eラーニングのデメリットも考えた上で、集合研修と組み合わせるなどの工夫ができるのではないかと思います。

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

eラーニング初心者向けに、eラーニングの特徴を書いてみます。

私たち、キバンインターナショナルは、eラーニングの教材作成ツール、学習管理システムのサポートを行っています。

そもそも、eラーニングってなんでしょう。
シンプルにいえば、「インターネットやLANなどを使って、特定の時間や特定の場所にいくことなく学習することや、その仕組み」です。

基本的には、これまで集合研修で行ってきたことを、eラーニングにすることで、特定の時間や場所に縛られることなく学習が可能になります。

集合研修というのは、小学校、中学校、高校などでの授業などです。社会人の集合研修やセミナーもこうした、「特定の場所」「特定の時間」が必要です。
また、このスタイルでは、基本的には学習は「一度きり」というのも特徴です。

集合研修

集合研修

eラーニングにすると、全員が同じ時間、同じ場所にいる必要がなくなります。その結果、研修施設へ移動したり、宿泊するコストを削減できます。また、同じ内容をもう一度見直すこともできるので、自分の理解のペースにあわせて学習ができるようになります。管理者側は、どの程度理解したか、どの程度資料を読み進めたのかをチェックできるようになります。

その結果、一度に多くの方に受講してもらうことが可能になります。同じ時期に同じ教材を使って、それぞれに学習を進めてもらえばいいのです。

eラーニングのこうした利点が最も活用されているのは、個人情報の取り扱いや法令順守など、全社一斉教育が必要な分野と、TOEIC/TOEFLなどの語学や、ITスキル資格などの自己啓発系の分野です。また、自分の会社独自の業務知識などをいっせいに伝えたいといったものにも使われています。

こういった場合だと、学習内容はネットを通じて配信されますから、これまでのように資料を郵送したりする手間や材料費はかからないことになります。
(もっとも、初期に導入費用がかかりますが、資料を配送する手間は減ります)

広く、汎用的な知識を伝えたい、そして、資料をDVDや紙で送ったりするコストや手間をなくしたいといった時に、eラーニングは最も威力を発揮するのです。 (続く)

eラーニング

eラーニング

初めての人ははじめまして、そうでない人はこんにちは。
北は北千住から南は南千住まで、世界を股にかけるキバンインターナショナル 中村おりお です。

集票イメージ


先の選挙では歴史的といわれる結果がでまして、なにやら騒がしい情勢になってまいりました。
結果と先行きに関しては諸々の推測・憶測・希望などあるかと思いますが、とりあえずそういった事は
いったんおいておいて今日は、国会とeラーニングのお話をしたいと思います。

いまいち関連性の無い様に思われる両者ですが、eラーニングのメリット、「いつでも、どこでも、手軽に実施できる事」、それがぴったりフィットする土壌があるのです。

いろいろ差し障りがあるので具体的には言及できせんが、聞くところによると国会開催中は、お役所の方々、つまり官僚などといわれる人々は、不測の事態に備えるために、かなりの時間待機をしており、なかなかの拘束時間という事です。しかも、不測の事態への備えですのであまり重たい用事を入れる訳にもいかない(不測の事態の時に長時間会議で担当者が捕まらないとマズイですよね)。
そんな時に、細切れの時間を有効利用できるeラーニングがうってつけであると、そういうわけなんですね。

教材作成の際に気をつけること

ただここで気をつけなければならない事があります。
よくある失敗事例の1つなのですが、eラーニングは上述の例のように、業務上の細切れの空き時間を利用して実施される事が多いのですが、教材がその事を考えて作られていない、という場合がままあります。
たとえば、ちょっと10分ほど時間が余ったから学習してみようと思ったら、教材が集合研修をビデオ撮影した90分1本勝負モノしかない、といった按配です。これでは上手くいきませんよね、では、どのようにしたら良いでしょか。

■教材の所要時間を短く

上述の例のように、eラーニングは細切れの時間で活用されることが多いので、
学習単位をなるべく細かくし、5分~10分程度に収めることが推奨されます。
下の図は、eラーニング白書2008/2009 からの参照ですが、このアンケート結果でも
教材の単位は短いほうが推奨されているのが分かると思います。
(アンケートの設問の都合上、一番短いのが30分ですが、弊社では、最長でも10分以内
 の教材が良いと考えています。)

適切な学習時間

また、これは、学習の総時間を短く、ということではありません。
90×1 という教材構成ではなく、10×9 や 5×18 という構成にして
細切れの時間に対応しましょう、ということです。

■確認テストを設置する

下で紹介したのは、ベリタスで提供されている、英文法の神、という英語教材の構成です。

英文法の神 講座一覧の一部

英文法の神 講座一覧の一部

各講義に確認テストが設置されています。このような確認テストは、学習者が自分自身の理解度を
判断するのにとても効果的ですし、教材で学習したことを思い出すことで反復され、記憶の定着にも
効果があります。しかしそれだけではありません。

事前テストとして利用する
各講義を受講する前にまず、個々の確認テストを受講します。
この確認テストの内容が良く分かっている内容であれば、その講義は受講せず次の講義に
進み、確認テストに合格できなかったり、内容に不安があったりするようであれば、その講義を
受講すれば良い、とこのような運用が可能になります。

このように、事前テストを設けることで、既に理解している内容を再度受講する、つまり
せっかく受講したのに全部知っている内容であった、という事を防止することができます。

このように、事前テストを用いる手法や、その他、教授法については
インストラクショナルデザイン(ID)というものが知られています。
インストラクショナルデザインについて学んでおくと効率的な教授法について、様々に有益なのですが
それはまた、おいおい紹介したいと思います。

また、今回紹介した 英文法の神は大学受験対策講座なのですが、受験生向けという、短時間で学習効果をあげなければいけない教材ですので、その他にも様々な工夫がなされています。
以下のサイトで紹介されておりますので興味があればご一読下さい。

■参考

プログラムの知識不要で誰でも簡単に理解度テストが作成できるツール
QuizCreator http://quizcreator.jp/

パワーポイントから変換するだけで、簡単に教材が作成できるツール
PPT2Flash http://ppt2flash.jp/

教材のイメージづくりから教材の作成、改善までを、インストラクショナルデザインの考え方に基づき解説した本
(書籍)教材設計マニュアル―独学を支援するために (著) 鈴木 克明 北大路書房 

英文法の神
今回紹介した講座です。様々な工夫のされた教材がeラーニングで提供されています。
http://veritas.bz/index.html (ベリタスアカデミーTOP) 
http://veritas.bz/cn8/cn10/english_god.html (英文法の神 紹介ページ)

eラーニングの成績集計

CATEGORIES eラーニングシステムby.m.nishimura0 Comments2009.08.20
eラーニングで成績集計は、非常に重要な機能の1つ。

eラーニングで成績集計は、非常に重要な機能の1つ。

プログラミング不要、Flashテスト作成ソフト QuizCreatorを発売しています。16,800円という低価格で、高機能なテスト作成ができます。自動採点までされますが、その成績を簡単に集計できる仕組みがほしいというご要望をたくさんいただきます。

eLearning Manager 4Uで、テストの配布、成績管理、成績集計をすることができるのですが、テストの結果を簡単に集計したいとうご要望には、eLearning Manager 4Uでは、システムが大きすぎるようです。

eラーニングを行う際に、管理者側のメリットとしては、1人1人のテストを手動で採点しないでいいことだけではなく、成績管理、成績集計が自動化されていることが、大きなメリットの1つです。eラーニングのメリットである成績管理、成績集計に特化し、もっと導入が簡単で、スピーディー、安価なサービスの登場が必要です。

このようなニーズを埋めていくことこそ、私たちに課せられた使命だと思っています。お客様のニーズに真摯に耳を傾けることで、新しいサービスや製品のヒントがたくさんです。

きちんとニーズをくみ上げ、ニーズにマッチした製品を提供していけるよう、日々研鑽の毎日です。(西村)

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ