タグ別アーカイブ: 凝集
気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

こんにちは。キバンインターナショナル武内です。
先週はまた雪が沢山降り、地域によっては大変だったことと思います。本日は、気象予報士講座、第4章:降雪過程、氷晶の成長より、ライミングです。雲の中をイメージしてみてください。

ライミングとは

過冷却水滴が氷晶の表面に凍結して氷晶が成長することです。
特に、発達した雲の中で強い上昇流・下降流がある時、成長した氷晶が繰り返し上下運動をすることで、さらにデカくなりアラレや雹になることもあります。

さらに、氷晶の成長には「凝集」という効果も
あります。凝集は、成長した氷晶が落下している時に互い衝突して成長します。これは、
暖かい雨の「併合過程」と同じような過程です。

併合過程とは、雲の中に大きさの違う雲粒が存在しているとき、大きい雲粒の方が小さい雲粒よりも落下速度が速いため、
大きい雨粒が落下しながら、小さい雲粒を取り込みながら、急激に成長してきます。

これらが、暖かい雨の降る仕組みです。

~佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
単元ごとの購入も可能です!!
しかも、フルパッケージは、返金&延長保証付きです。
こちら(http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15)より視聴もできますのでぜひご覧ください。~