タグ別アーカイブ: ターム

SmartBrain/ターム管理実装予定

CATEGORIES eラーニング, SmartBrainby.a.takeuchi3 Comments2011.03.10

学習管理システムSmartBrainのタームカスタマイズ機能、次回のアップデートでリリースできそうです!!

タームとは

システム内の「ログイン」や「ログアウト」、「パスワード」などといった言葉の事を「ターム」と呼んでいます。プログラムとは独立にタームを管理することで、複数の言語への対応が容易になります。

どうしてカスタマイズするの?

例えば、学校にeラーニングシステムを導入した場合を考えてみましょう。eラーニングシステムを利用するには、一人一人にIDを発行しなければなりません。IDとして学籍番号を使った場合、IDの入力欄には「学籍番号」と表示されている方が分かりやすいですよね。タームをカスタマイズできるとこういった場合に役立ちます。

リリース予定

現在、まさに実装作業を進めている所です。2011年4月中にβリリースを行い、およそ1ヶ月後に正式リリースできる見込みです。

SmartBrainのターム管理

CATEGORIES eラーニング, SmartBrainby.a.takeuchi0 Comments2011.02.17

多言語対応

SmartBrainは、日・英・中・韓の4ヶ国語に対応した学習し管理システムです。このような多言語対応のソフトウェアはシステム内の文言(以後、”ターム”と表記します)を外部ファイルなどに定義するのが一般的なのですが、SmartBrainにもそのような”しくみ”が組み込まれています。

5つのしくみ

SmartBrainのタームには以下の5つの機能で動作しています。

  1. 全ての言語で共通して使う表現
  2. 言語ごとに定義された表現
  3. ターム内変数
  4. タームの変換
  5. 環境ごとに定義された表現

1. 全ての言語で共通して使う表現

”SmartBrain”や”SCORM1.2″などといった表現は、どの言語でも同じ表記を使います。このような表現は、全言語共通タームとして管理しています。

2. 言語ごとに定義された表現

“コース”という用語は、英語であれば”Course”、韓国語であれば”코스”になります。

3. ターム内変数

「次の20件」は、”次の%d件”と定義されています。英語版なら”Next %d”になります。

4. タームの変換

エラーメッセージって、似たようなものが多いですよね。「~~が入力されていません。」といった感じです。こういう表現をいちいち登録していてはきりがありません。登録が面倒なだけでなく、管理の手間もふえるし、表現のゆらぎも発生してしまいます。DRY原則を守るために、タームを変換する仕組みがあります。
例えば、inputという変換ルールは

  • 日本語では “%sを入力してください”
  • 英語では “Input: %s”
  • と定義されています。

    5. 環境ごとに定義された表現

    「ログイン」ではなく「ログオン」と表記してほしい。日本語版でも「ログイン」だけは、「Login」と表記してほしいなどといった要望。結構あるんです。このような要望に答えるために、環境ごとに独立した定義ファイルがあります。このファイルは、システムのバージョンアップ時に無視されるように設定していますので、バージョンアップの障害にはなりません。

    今後の改善予定

    今のところ、「5.環境ごとに定義された表現」を設定するためには、弊社に連絡しなければなりません。近い将来、管理画面で自由に設定変更できるようにしたいと思っています。

    • 製品・サービス
      PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
      PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
      http://smartbrain.info/
      PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


      eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
      http://elearning.co.jp/
      eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


      コンテンツビジネス支援パック
      http://contentsbank.jp/

      Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
      Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
      http://pandastudio.tv/

      eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
      ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
      http://blog.elearning.co.jp/

    • アーカイブ
    • カテゴリー
    • Amazon
    • タグ