タグ別アーカイブ: コース

コースにクイズを追加するとき、これまでは1つずつしか加えることができず、手間がかかりました。

SmartBrain1.16では、クイズ教材追加画面で複数のクイズを選択することで、選択したクイズをまとめて追加することができます。

uploadQuiz

上の図の フォルダ1>サブフォルダ>クイズ3 のような、サブフォルダの中にあるクイズも選択・追加できます。

 

しかし、現在は、サブフォルダのクイズを選択してもサブフォルダ自体は追加されません。

 

フォルダの中にクイズを入れたい場合は、コンテンツ追加画面の「フォルダ追加」からフォルダを追加してから、

ドラッグ&ドロップで、クイズをフォルダに入れたり、並べ替えをしてください。

uploadFolder

並べ替え後は、「並び順を保存」をしないと、並び順が変更されませんので、ご注意ください。

 

現在は、このようにフォルダは別途追加していただく形になっていますが、今後のアップデートで

フォルダを選択することでフォルダごとまとめてコンテンツを追加する機能の実装を予定しています。

私たち株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain http://smartbrain.info/

これまでもユーザを一括登録できましたが、その際、コース割り当ても同時にできるようになりましたので、その方法をご紹介致します。

▲管理者アカウントでSmartBrainにログイン

▲管理者アカウントでSmartBrainにログイン


▲一番下のメニュー「管理機能」をクリック

▲一番下のメニュー「管理機能」をクリック


▲「ユーザ管理」をクリック

▲「ユーザ管理」をクリック


▲任意のグループを選択

▲任意のグループを選択


▲「ユーザリスト」の「++」をクリック

▲「ユーザリスト」の「++」をクリック


▲一番上の行に「id,email,nickname,addcourse」と入力

▲一番上の行に「id,email,nickname,addcourse」と入力

▲この「id,email,nickname,addcourse」の下それぞれに、登録したいユーザ情報を入力します。
「id」はログインid、「email」は登録eメール、「nickname」は登録名、「addcourse」は追加したいコースを入力します。
ここでは、例として、追加したいコースの欄に「id:mp4」と記載してあります。この「mp4」はコースの識別子です(識別子は管理メニュー「コース管理」から任意のコースを選択し、「コース編集」をクリックすると表示されます)。

▲入力したら「確認」をクリック

▲入力したら「確認」をクリック


▲「保存」をクリック

▲「保存」をクリック

これで、ユーザ登録とコース登録が同時にできました。

ちなみに、コースを追加するときには上記のように「addcourse」を使用しますが、コースを削除したい場合は「removecourse」、
コースを全て削除して登録するものだけ追加するには「updatecourse」を使用します。

また、複数コースをするときは以下のように「|」(パイプ)を使用します。登録したい複数のコースの間にパイプを入力しています。

id:サンプルコース1|id:サンプルコース2|id:サンプルコース3

ちなみに、パイプを入力するには、Shiftキー+¥キーです。

●iPhone、iPad、PC、ブラウザを選ばず学習できる

LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

株式会社キバンインターナショナル( http://www.kiban.jp/ )が開発・提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain( http://smartbrain.info/ )では、学習者の学習日時や学習時間など、管理者の欲しい情報を出力することができます。今回は、コース別に学習履歴をcsvで出力する方法をご紹介します。

1.ログインした画面で「管理機能」をクリック。

▲管理機能をクリック

▲管理機能をクリック

2.

▲ユーザ管理をクリック

▲ユーザ管理をクリック


3.
▲全ユーザをクリック

▲全ユーザをクリック

4.

▲履歴ダウンロードをクリック

▲履歴ダウンロードをクリック

5.

▲履歴を見たいコースを選択

▲履歴を見たいコースを選択

6.

▲ダウンロードをクリック

▲ダウンロードをクリック

SmartBrain / コースの有料化

CATEGORIES SmartBrain, 北海道ラボby.a.takeuchi1 Comments2010.11.24

SmartBrainでコースの課金を行うには、「コースの有料化」について設定をしなければなりません。
今回は、このコースの有料化についてご説明致します。

コースの有料化は次の2つのステップで行います。

  1. コースの課金設定を有効にする
  2. コースを販売する際の期間・価格を設定する

順を追ってご説明します。

コースの課金設定を有効にする

SmartBrainへログイン後、下部にある「管理機能」をクリックします

「コース管理」をクリックしてください

有料化したいコースをクリックしてください(今回は「サンプルコース」を選択しました)

現在課金が「無効」となっているため、有効化します。「コース編集」ボタンをクリックしてください

課金欄で「有効」にチェックをつけ、「確認」ボタンをクリックしてください

内容確認の画面が表示されますので、「保存」ボタンをクリックしてください。

課金が有効となりました。「商品追加」ボタンが追加されていることもご確認ください

コースを販売する際の期間・価格を設定する

先程追加された「商品追加」ボタンをクリックします

期間と価格を入力し、「追加」ボタンをクリックします

商品の追加が完了しました

詳しくはこちらのマニュアルもご参照ください。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ