タグ別アーカイブ: カスタマイズ
▲問題作成ソフトQuizCraetor(画像をクリックで無料体験へ)

▲問題作成ソフトQuizCraetor(画像をクリックで無料体験へ)

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年8月19日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0051

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今回は、コストをおさえる、eラーニング活用法についてお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. コスト削減の圧力
2. 「運用で対処」で意外となんとかなる
3. カスタマイズと費用の関係
4. 「複雑な問題を作成したい!」を運用で対処
5. 「アンケートを作成したい!」を運用で対処
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●プログラミング知識・作業も不要な試験問題・クイズ作成ソフト
『Quiz Creator』・・・16,800円(税込)
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://quizcreator.jp/

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】運用で対処(QuizCreator編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●コスト削減の圧力

昨今、どこのビジネス現場にも、コスト削減の圧力がかかっていることと思います。

例えば、私たちが提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain http://smartbrain.info/ 。「1ユーザ210円(税込)です」とご案内すると、「え!こんなに機能があってそんなに安いの!」と喜んで頂くことも少なくありません。

●「運用で対処」で意外となんとかなる

その一方で、SmartBrainに、独自の機能をカスタマイズしてのご利用を希望されるお客様もいらっしゃいます。

お客様「こういう機能が欲しいんだけど、いくらくらいで出来ますか?」

営業「ざっくりとした計算ですが、○百万円は超えてくると思います」

お客様「うーん、予算オーバーですね・・・。運用で対処します。」

このような展開はIT業界では日常茶飯事かと思います。

「運用で対処する」とは、本来欲しかった機能を予算の都合であきらめた際、利用の仕方を工夫することで、その機能なしでやっていくという「現場の知恵」です。

●カスタマイズと費用の関係

SmartBrainはASPサービスですので安価にご提供できています。ご要望の多い機能を順次追加してきていますので、ご好評を頂いておりますが、その企業様だけのカスタマイズというのはどうしてもそれなりの費用が発生してしまうもの。

そこで、キバンインターナショナルが提供する安価なオーサリングツール(教材作成ツール)QuizCreator http://quizcreator.jp/ での、運用の工夫をご紹介します。

QuizCratorでテキストの表現を変更する

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura1 Comments2011.02.01

QuizCreatorは、簡単な操作だけでテスト教材を作成することができます。しかし、標準的なものとはちょっと表現を変えたい、例えば「提出」ボタンを「回答」に変更したい、という場合があります。QuizCreatorは、そのような場合にも対処が可能です。まずは、以下の例をご覧ください。以下のでは、「提出」というボタンを「次へ」と変更しています。

「提出」を「次へ」に変更した例:(クリックで再生)

 

「提出」を「回答」に変更した例:(クリックで再生)

 

上記のように変更するには、テンプレートのテキスト&ラベル機能を利用します。使用方法がちょっと特殊なので、解説します。まず覚えてほしいのが、QuizCreaorのテキスト&ラベルは、MyQuizフォルダのdefault.txtファイルがパブリッシュ時に読み込まれて実現される、という事です。テキスト&ラベルの画面だけで変更しても反映されませんので、ご注意ください。

 

テキスト&ラベルの画面。まずはここで文言を変更します。修正箇所が少ない場合、この画面のまま、変更したい箇所にマウスを合わせると編集可能になります。変更箇所が多い場合、後述する「保存」機能を利用して、直接テキストファイルを直してしまうのが良いでしょう。

テキスト&ラベルの画面。まずはここで文言を変更します。

 

変更したら、「保存」ボタンをクリックして、内容を保存します。QuizCreatorは通常では、 C:\Documents and Settings\(ユーザアカウント)\My Documents\My Quiz\Texts の中の Default.txt を読み込みますので、そこに保存します。(既存のファイルは事前にファイル名を変更したり、コピーを保存しておくとよいでしょう)

変更を保存します。

 

あとは、パブリッシュすればO.Kです。先ほど保存したファイルは、パブリッシュ時に読み込まれますので、パブリッシュした教材で確認ください(プレビューには反映されません。)。パブリッシュ後の教材でうまく反映できない場合、ファイルの保存場所を再度確認ください。

パブリッシュ画面

参考:
テキスト&ラベルの変更
http://quizcreator.jp/?page_id=685


簡単操作でeラーニング教材を作成できるソフトウェア QuizCreatorは、以下のURLから30日間無料で使えるお試し版をダウンロード可能です。

▼無料お試しダウンロード
http://quizcreator.jp/?page_id=11

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ