採用試験(例)を公開

私たちは、採用のときに、必ず体験入社として、実際に仕事を一緒にしていただき、社内の雰囲気、実際の仕事、一緒に働くスタッフ、お取引先などの様子を、包み隠さず見て頂くようにしています。

最近は、私、西村自身が、社長室(経営企画室)を設立するために、いろいろな方との面接をするようになりました。面接の後に、体験入社で机を並べて働いて頂き、実際の仕事をお手伝いいただいたり、課題に取り組んで頂いたりしています。何でもオープンな会社、体験入社の方に出した課題を紹介します。

1.Webサイトの改善点をまとめなさい。

株式会社キバンインターナショナルのWebサイト(http://elearning.co.jp/)、ならびに関連サイトの改善点をまとめなさい。
解析に必要なアクセスログは、下記の方法でアクセスできるので、アクセスログを参考の上、まとめなさい。
Webサイトは、PC用、iPhone用、携帯用に同じアドレスで違うものが表示されるので、そのことも留意の上、改善点をまとめなさい。

2.日本以外の国、出身国のeラーニング状況を分かりやすくスライドにまとめなさい。競合、提携先の企業について分析してまとめなさい。

その上で、株式会社キバンイターナショナルが、その国に進出する際に、もっとも強敵となるライバルについて説明してください。
その国で、株式会社キバンインターナショナルが、製品を販売するために、必要な戦略を、現地法人の社長に任命されたと想定してまとめなさい。

3.自分の長所を、この会社の中で活かすには、どのような担当が良いと感じたか、その担当と、その理由をまとめなさい。(最終日の課題)

この課題をまとめる際には、自分自身の3年後、5年後、10年後、20年後といったキャリア、将来の人生設計についても触れてください。この体験入社で、自分が活躍できそうだと思った分野、苦手や知識として不足していると感じたことを、まとめてください。

課題の特徴は、体験入社をした人のバックグラウンド、知識、専門性などによって、様々な回答が出てくること。友人、先輩、先生など、誰を頼っても、Webをつかっても、書籍をつかっても良いので、自分の力で回答をまとめ、私たちに伝える必要があります。短い体験入社(短いといっても1週間、最短でも3日)の間に、課題をまとめ上げるので、わかりやすくアウトプットをまとめる必要があります。

社長直属の経営企画室では、英語か中国語(または韓国語)が担当であるだけではなく、短時間で多くのことを、手際よく処理する能力が求められています。高いハードルに見えますが、このハードルをクリアして、一緒に働ける仲間を見つけていきたいと、心から願っています。

今日は、体験入社の課題のお話でした。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES 採用by.m.nishimura1 Comments2010.06.08
記事の投稿者
西村 正宏

兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル(
http://kiban.jp) 代表取締役社長。

iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。

Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。

英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。

iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。

USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。