気象神社 てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日は気象神社についてです。佐々木恭子先生は、気象予報士試験の前になると必ず、気象神社お参りRUN されていますね。
日本唯一だという気象神社はどこにあるのでしょう。

「気象神社概要」

(東京都杉並区)高円寺の氷川神社に祀られている日本で唯一の気象神社は陸軍気象部にあったお天気の神様。

第三気象聯隊戦友会・気象関係戦友会有志が立てた説明版「気象神社由緒」によると、
この気象神社の祭神は八意思兼命(やごころおおもいかねのみこと)(知恵の神)。
陸軍気象勤務の統括・教育機関として旧馬橋4丁目(現・高円寺北4丁目)に創設された陸軍気象部の構内に、
昭和19(1944)年4月10日に造営。 戦後の神道指令で除去されるはずが、連合軍宗教調査局の調査漏れで残ったため、
当局に申請して払い受け、 昭和23(1948)年9月18日の氷川神社例大祭の際に遷座祭を行ったという。

気象神社の例祭は、気象記念日の6月1日だ。

祭神は『八意思兼命』(やごころおもいかねのみこと)「知恵の神」

気象神社サイトより
http://www.kisyoujinjya.jp/about.html

絵馬は下駄というユニークさ、購入したくなります。精一杯勉強したら合格祈願ですね。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2018.01.15
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。