気象予報士試験・実技の勉強を始めたばかりの人に、超プチアドバイス~ラジオっぽいTV!より

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日は、気象予報士試験、実技試験の勉強を始めたばかりの人への佐々木先生からのプチアドバイスを紹介します。

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ラジオっぽいTV!より。+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚

実技試験を初めてみて、あまりの難しさに、
学科の内容からかけ離れすぎてて愕然とするかもしれませんが、それでいいのです。
一問解くのに一日かかるぐらいで良いと思います。
試験受けるまでに時間通りに解けるようにしていけばいいと思います。

時間も行数も無視して、自分が知っていることを全部書いていいんです

それで、何が足りなかったのか、何がが書きすぎていたのか、
答えと合わせていけばいい。
そうしないと、字数に追われて、ポイントが分からなくなっちゃうことがよくあります。。

何を問われているのか、何の要素を答えなきゃいけなかったのか。浮かび上がらせるためにも、最初は作文みたいに自分の知っていることを書いちゃう。思うことを書いてみるということでいいと思います。

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

動画の全容はこちらから。
https://youtu.be/wtx1Lqv_1yk

eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.a.takeuchi0 Comments2017.09.25
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。