【FAQ】東西指数について、教えてください。

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

【質問】
東西流型は中緯度帯の高度帯の高度差が大きく、南北流型は高度差が小さくなる理由が分かりません。高度差が大きくなれば、気圧傾度が大きくなるので、南北に寒暖差が大きくなるような気がします。ご教授お願いします。

【佐々木先生の解答】
東西流型はまさにおっしゃる通り,南北の温度傾度が大きくなり,高度差が大きくなります.高度差が大きくなりますので,
そこが強風帯となり,北に寒気・南に暖気という状態が維持され易く,寒気は南に南下しにくくなります

逆に,南北の温度差が小さいと偏西風はあまり強い風にならず,蛇行しやすいため,寒気が南下しやすくなります。
大気は,バランスが悪くなったからといって,いつでもすぐに解消するというわけではありません
上空ほど風が強い状況が強くなって臨界点を突破すると,大きく蛇行し始めるということもあります。
——–
てんコロ気象予報士講座 第15章 ガイダンス・天気予報 -> 長期予報で用いる天気図 に詳細があります。

分からないことがあれば、先生に直接質問することができます。
いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.a.takeuchi0 Comments2017.09.15
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。