e-learningのてんコロ.気象予報講座を作った理由~ラジオっぽいTV!より

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日は、佐々木恭子先生がe-learning講座を作ったわけをお話しされた回をご紹介いたします。

+:-:+:-:+:-:以下ラジオっぽいTV!より+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

e-learningのてんコロ.気象予報講座を作った理由をお話ししたいと思います。

どこにいても人から直接教わっているような気象予報士講座を作りたいなと、そういうことを目指して作りました。
現場にて直接人に教わる、面と向かって授業を教えられるって言う事は凄く頭に入ってくる。なんででしょうね。
先生の熱量とか、話し方とかもそうだと思うんですけれども、
理解度が上がって、私もリアルな講座を受けて勉強していた時にすごく思ったんですね。

地方では通うスクールっていうのはないなぁと思うんです。だとしたらネット環境は整っているわけですので、動画で人から直接教わっている感じ、臨場感を感じられるような講座にしたいなと思ったんですね。

キバンインターナショナルさんのe-learningのスタイルで言えば、言い間違いとか言い直しを編集したりしません。
実際の講座での先生の喋りっぷりだって、言い間違いや言い直しをしたりしますよね。そういう意味では、凄くリアルですよね。

さらに、さらになーんとなく空が好きかもなぁって言う、ふんわりした天気への興味程度で始められる講座にしたいなーと思いました。

私自身がそうなんですよ。気象予報士になぜなったのか、なぜ勉強始めたのかって聞かれると困る程ぼんやりしていたんですよね。
でもぼんやりしてたのに、勉強しているうちに興味が湧いてきて、どんどんはまっていったわけですよね。

空の写真ていうのは皆さん撮るわけですしね。雷の写真を撮ったりしますでしょ。そういう興味っていうのは少しずつ皆さんが持っていて

それがたまたま私は、そろそろ転職しようかなーって言う時期に当たったわけです。

皆さんもそろそろ転職しようかなぁ、新しいこと始めたいなぁっていうときに、
たまたま勉強を始めちゃいました程度でもどんどん勉強していくうちに面白くなっていくような内容にしたい。
そういうのを目指して中身を作っています。

e-learningのてんコロ.気象予報士講座としてはですね。
気象予報士資格取得のための一般分野・専門分野の学科と実技分野全部そろってはいますけれども、
どんどんどんどん興味を増していく、
どんどん深みにはまっていくような講座にするためにこれからも新しい動画を作って、皆さんに楽しんでもらえたらなと思っています

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
いかがでしたでしょうか。
佐々木恭子先生によるラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、気象の情報を入手できたり、勉強の励みや刺激にになるようです。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.a.takeuchi0 Comments2017.09.04
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。