【絶対渦度に関する理解度チェック】

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日は、気象予報士講座第7章から絶対渦度に関する問題です。確認してみてください。

(絶対渦度に関する問題)
問1
大規模な大樹の運動について述べた次の文章の空欄を埋めるものとして適切なものを1から5の中から1つ選べ。
北緯30°において相対渦度0の空気塊が北極まで移動した場合にもつ相対渦度の値は、地球の回転角速度の大きさをΩで表すと( )である。ただし、今考えているような大規模な運動では、近似的に次の絶対渦度の保存則が成り立つとする。

相対渦度の鉛直成分+惑星渦度鉛直の成分=一定

1,Ω/4
2,Ω/2
3,Ω
4,-Ω
5,-Ω/4
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

(解説)
<北緯30°にある時>
相対渦度+惑星渦度2Ωsin30°=0+2Ω×1/2=Ω
    北極まで移動しても保存される

<北極に移動した時>
相対渦度X +惑星渦度2Ωsin90°=X+2Ω=Ωとなり
                  X =Ω-2Ω
                  X =-Ω

正解 4

いかがでしたでしょうか。
絶対渦度の保存則の問題はよく出る!
渦度の値を聞かれているのか?
変化量を聞かれているのか?
よく読むこと!とのことでした。

→→佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。

単元ごとの購入も可能です!!
一度ご覧ください。

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.04.14
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。