気象予報士試験合格体験談【ラジオっぽいTV!より】

こんにちは。キバンインターナショナル武内です。本日は、第45回気象予報士試験Nさんの合格体験談です。

「動機」
会社での資格取得勉強が終わり、そのままこの勉強生活の習慣を維持したい。
そして、次は自分の好きな資格をとろう!と思ったときに、気象予報士が思い浮かんだ。
農協に努めているので、お天気が活かせるのではないか。

「試験勉強の印象」
学科専門が好きでした。
学科一般の数学物理はついていけない!って感じでした。
熱力学はふんわりしあげ。

「合格までの道のり」
一回目で学科専門
二回目ですべて合格
一回目で詰めの甘さを感じ、反省し次頑張ろうと。

「苦労」
実技が大変でした。
文章の書き方もわからず、
もちろん、何に注目してほしい問題なのかもわからず、何回解いても間違えてしまう。
過去問七年分やるが、解けないものはいつまでも解けなくて、大変でした。

突破口は、ラジオっぽいTVにもご出演しているKさんのブログにメールで質問してみた。
人に質問して、人から回答をもらうことで、頭の整理ができるようになった。

「おすすめ教材・方法」
てんころ模擬試験買ってよかった。
気象庁の短期予報解説資料を毎日読んでました。

「合格後の活動」
気象庁のホームページ「気象リスクについて考えてみよう。」がすごく気になっています。
農業に携わる人のために、テレビの天気予報ではわからない、
気象リスクを勉強し、気象のリスク管理を一緒にしていきたい。そして愛媛の農業を元気にしたい!!

気象庁・気候リスクを認識するのページはこちら。
http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/risktoha.html

いかがでしたでしょうか。何か皆様のヒントがあれば幸いです。
ラジオっぽいTVは、毎日更新されていて、「気象予報士の勉強をする上で、勉強するべきところがわかってきたり、佐々木先生のお話が励みになったり」という効果があるようですよ。

サンプル講座

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.03.17
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。