ボイラー技士について 【公表問題 平成26年後期】

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 3 4 法令上、ボイラー技士でなければ取り扱うことができないボイラーは、次のうちどれか。

(1) 伝熱面積が 1 0 ㎡ の温水ボイラー
(2) 伝熱面穫が 4 ㎡ の蒸気ボイラーで、胴の内径が8 5 0 mm、かつ、その長さが 1 5 0 0 mmのもの
(3) 伝熱面積が 3 0 ㎡ の気水分離器を有しない貫流ボイラー
(4) 内径が 4 0 O mmで、かつ、その内容積が 0.2 m 3の気水分離器を有し 、伝熱面積が 2 5 ㎡ の貫流ボイラー
(5) 最大電力設備容量が 6 O kWの電気ボイラー



2級ボイラー技士 講座

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.中村ブログ投稿0 Comments2016.12.14
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。