燃料の分析及び性質について【公表問題 平成26年後期】

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 2 1 燃料の分析及び性質について、誤っているものは次 のうちどれか。

(1) 組成を示すとき 、通常、液体燃料及び固体燃料には元素分析が、気体燃料には成分分析が用いられる。
(2) 液体燃料に小火炎を近づけたとき瞬間的に光を放って燃え始める最低の温度を引火点という。
(3) 液体燃料及び固体燃料の発熱量の単位は、通常、MJ/kg で表す。
(4) 低発熱量は、高発熱量から水蒸気の潜熱を差し引いた発熱量で、真発熱量ともいう。
(5) 高発熱量と低発熱量の差は、燃料に含まれる炭素の割合によって決まる。



2級ボイラー技士 講座

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.中村ブログ投稿0 Comments2016.12.02
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。