天気予報の取扱説明書!【ラジオっぽいTV!より】

こんにちは。キバンインターナショナル武内です。天気予報の見て、質問が出てくることがあります。それについて、佐々木先生が解説してくれています。

天気予報の取扱説明書!

「念のため、急な雷雨や突風に注意という予報を見ましたが、どこまで注意したらいいのでしょうか。」という質問。

その日の天気予報を確認してみましょう。
日本海側に前線。南海上から暖かく湿った空気が前線に向かって吹いていました。結構な南風でした。
大気の状態が不安定になっていました。よくあるパターンです。

ですが、
どこに、上昇気流ができて、雨が降りそうかわかりにくかった。
雷雨は特に、予報では不得意、時間と場所を特定するのが難しい。
ので、念のためと言ってしまったのかなと思います。

念のため

「時々レーダー画像を見て、雨雲の様子を観察し、」

急な雷雨や突風に注意してください。

の「」の部分が抜けてしまったかな。と思います。

スマホなどを、フル活用して情報を得て、対策をとることが大切だと思います。確かに、念のため注意と言われても、自分で判断するのは大変だと思います。

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.03.01
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。