バレンタインデーの天気予報って重要?!風速について【気象予報士の用語チェック】

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。


こんにちは。キバンインターナショナル武内です。
皆さんは、去年のバレンタインデーの天気のことを覚えていますか?私は全く覚えていませんでしたが、日本海から発達した低気圧により、強い南風が吹いて、全国各地で20度を超える季節外れの気温になったという記録がありました。
そうです。準備したチョコレートが溶けてしまう気温だったのです。今年は少し、気にしてみることにします。
強い南風ということで、本日の用語チェックは、佐々木先生の気象予報士講座より風速についてピックアップしました。

「風速」

単位時間に空気が移動した距離のことで、0.1m/s毎に観測されます。
ちなみに通報式ではノットをを使います。ノットは、m/sに直すと約0.5m/sです。
覚えておきましょう。

「風速の表し方」

平均風速と瞬間風速があります。

(平均風速)
観測時刻の前10分間の平均値です。
例えば、9時の観測値と言ったら、8時50分~9時00分の10分間の平均ということです。
10分間の平均ということは、上の表から2400個のデータの平均であることが分かります。
そして、平均風速の中でも最大値のことを最大風速と言います。

(瞬間風速)
瞬間的に吹く風のことですが、観測上は前3秒間の平均値を取ります。データの個数12個の平均したものということです。

瞬間風速の中でも最大値を最大瞬間風速と言います。

「突風率」
最大瞬間風速と平均風速の比を「突風率」といいます。平均風速が弱くても、瞬間的に
1.5倍~2倍の強さで吹く可能性があるということです。
このように、風向・風速のデータは込み入ってますので、整理しましょう。

~佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
単元ごとの購入も可能です!!
こちら(http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15)より視聴もできますのでぜひご覧ください。~

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.02.07
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。