目、涙、眼球【理解度チェック】~登録販売者を目指す方へ

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

———————————————————————————
問題
目、涙、眼球等に関する以下の記述において、正しい組み合わせを選べ
———————————————————————————

a 光を受容する細胞(視細胞)が光を感じる反応には、ビタミンAが不可欠であるため、ビタミンAが不足すると夜間視力の低下(夜盲症)、通称とり目を生じます。

b 涙腺から分泌される涙液の主な働きのひとつとして、リゾチーム、免疫グロブリン等を含み、角膜や結膜を感染から防御することがあります。

c 眼瞼(まぶた)は、素早くまばたき運動ができるよう、皮下組織が少なく薄くできているため、内出血や裂傷を生じやすい。

d 目を使う作業を続けると、眼筋の疲労のほか、遠近の焦点調節を行っている虹彩の疲労や、周期的まばたきが少なくなって涙液の供給不足等を生じ、眼精疲労が起こる。

(選択肢)
1(a,c) 2(a,d) 3(b,c) 4(b,d) 5(c,d)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 

———————————————————————————
答え
3番
———————————————————————————

<アフロ先生の講義より「解説」をピックアップ>
a  誤。ビタミンCじゃないですよ、ビタミンAが不可欠であるため、ビタミンAが不足すると夜間視力の低下(夜盲症)、通称とり目を生じます。

b  正。

c  正。aが×、bが○、cが○とくると、4番の答えが分かっちゃいますけど、念のため次確認しますよ、本番は自信があったら飛ばしてください。

d  誤。これは、生理的な目の疲れの話です。眼精疲労の場合は、コンタクトが合わなかったり睡眠不足、栄養不足等によって、目の疲れだけじゃなくて全身な頭痛、肩こりがうまれてしまった場合を眼精疲労ですからね。

正しい組み合わせは、b、cで答えは3番です

~いかがでしたでしょうか。講座を見たら、問題を解くこを繰り返すことが知識の定着につながります。ぜひ理解度チェックコーナーをご活用ください~

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )の
第2章「2-4 目、涙、眼球」で、解説されています。

講座のサンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.12.16
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。