【雲ができるために必要な材料とは?】~「気象予報士講座」の内容よりピックアップ

佐々木恭子先生の「気象予報士講座」より

佐々木恭子先生の「気象予報士講座」より

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。
私たちが普段何気なくみている「雲」。これができるには、以下の3つの材料が必要と講座で学びましたので、ご紹介。

水蒸気』・・・目には見えないけど、最も重要なもの
上昇気流』・・・水蒸気を上空へ運ぶ役割として重要
塵(エアロゾル)』・・・水蒸気が凝結するときの核となる

塵があってこそ、水蒸気が集まり、上昇気流が空に雲を浮かべてくれるんですね~

ドラ○もんに、雲を作る道具があったけれど、おそらくこの3つの材料が入っているのでしょう。

佐々木先生の「気象予報士講座」は、気象のことを図解でわかりやすく教えてくれています。そして文系の人でもわかりやすいよう工夫されたものとなっていました。

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」はこちら】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の試し見もできます。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/

試験対策情報満載!!【気象予報士講座専用サイト】
http://tenki.elearning.co.jp/

eラーニングのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.08.10
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。