ブラセボ効果とは?~ゼロからの「登録販売者」資格勉強

eラーニングで登録販売者を最短自主学習で取得

▼eラーニングで登録販売者を最短自主学習で取得

ブラセボ効果について。具体的にどのようなものなのでしょうか。
アフロ先生の講座を、少し覗いて先生の解説を見てみましょう。

以下、アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座より、一部抜粋。


もう1回読みますよ、医薬品を使用したときに、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをプラセボ効果というふうに言います。

これ何かと言うと、医薬品って臨床試験っていうのをやるんですよ。
それは、何十人か条件に合う人を集めまして、それを2つに分けるんです。
ランダムに、適当に機械が勝手に振り分けるんです。
人間の手によらないような感じで、作為的にならないようにね。
振り分けて、こちらのグループとこちらのグループがあります。
同じお薬で1個には薬理の成分が入ってます、もう1個にはお薬の成分が入ってません。
これがプラセボ薬、偽薬です。

これを、それぞれのグループに飲んでもらうんですよ。
何十人、何百人、何千人、この人たちはお薬が入ってる方、こっち側は入ってない方で試験をするんです。
私、そういう仕事も結構やってまして、そうするとですよ、入ってない方の人たちでも、結構症状が改善するんですよ。
それは、メンタル的な問題だけじゃなくて、それに端を発して、血液のデータとか尿のデータとか、身体の反応とかまで全部改善するんですよ、ある程度の割合
どのぐらいかというと3割ぐらい改善するんですよ。
ここです、この何もやってない人、だからこっち側の効いた人からこっち側、割り引かなきゃいけないじゃないですか。
このお薬の成分が入ってない人でも、症状が改善した部分のこの効果のことプラセボ効果というふうに言います。
これが一番上で説明してることですね。
これが問題文とかこの分野の話になると、この表現になっちゃいます。結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じること、こっち側薬理作用ありますけど、こっちないもの入ってますからね、薬理作用によらない作用を生じることをプラセボ効果(偽薬効果)と言います


ブラセボ効果は、「薬の形をしているけど薬ではないもの」を飲んだだけで、病気が良くなってしまうんですね。
おもしろいものですね。
(女子部小林)

【先着5社限定】『アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座』法人研修eラーニングバリューパックを発売中!

【法人研修eラーニングバリューパックとは?】
大好評のeラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」(通常1ユーザあたり13,889円(税抜)/365日)をユーザ数無制限でご受講頂けるお得なパッケージです。eラーニングマネジメントシステム「SmartBrain」がセットになっているので、学習者の成績管理が可能です。先着5社限定で大幅割引にてご提供致します。

詳しくは
http://blog.elearning.co.jp/archives/45369.php

■■テキストプレゼントキャンペーン中!!■■

2016年3月1日~2016年6月30日まで
(キャンペーン内容)

対象期間中講座をご購入頂いた方に、通常別売りとなる『最短合格! アフロ先生と学ぶ 登録販売者合格テキスト』をプレゼントいたします。
テキストを併用した学習で完璧な対策を!ぜひこの機会にお申込みください。
(※ご購入後、コースの中の「テキストプレゼントお申し込み(ご購入後1ヶ月以内まで)」からご連絡いただいた方が対象となります。)

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 詳細・ご購入はこちら

詳細ページ http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80
アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 365日間パック 15,000円(税込)
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。