4/18(月)eラーニング『アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座法人研修eラーニングバリューパック』発売【先着5社限定】!

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、4/18(月)eラーニング『アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座』法人研修eラーニングバリューパックを発売しました。登録販売者試験対策のeラーニング講座を、法人限定、先着5社で、ユーザ数無制限受講できるお得なパッケージです。お申込みは http://afro.elearning.co.jp/?page_id=4438 から。

【法人研修eラーニングバリューパックとは?】

大好評のeラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」(通常1ユーザあたり13,889円(税抜)/365日)をユーザ数無制限でご受講頂けるお得なパッケージです。eラーニングマネジメントシステム「SmartBrain」がセットになっているので、学習者の成績管理が可能です。先着5社限定で大幅割引にてご提供致します。

【受講可能人数】

ユーザ数は無制限でご利用頂けます。

※同時接続数の上限は25となります。同時接続数とは、eラーニングシステムに同時にログインできるユーザの数のことです。オプションで増加も可能です(詳細は下記「価格」欄をご参照ください)。

【価格】

年間60万円(税抜)のみ

(※オプションで同時接続数を追加ご希望の場合は、1同時接続あたり24,000円(税抜)/年加算となります)

【eラーニングシステムSmartBrainでできる主なこと】

・ユーザの学習管理(Web管理画面&CSV出力)
・ユーザのグループ分け
・ユーザ一括登録
・ユーザへのメール一斉送信
・FAQ機能(ユーザが管理者へ質問する機能)
・パスワードヘルパー
・パスワード管理(強度設定・更新リマインド設定等)
・御社の既存Webサイトからのログイン連携
・自社ロゴ画像の挿入
・オリジナルクイズ作成
など。

【動作環境】

PC(Windows、Mac)、iPhone、iPad、Androidで動作可能です。端末やブラウザ等の仕様により異なりますので、詳細は下記、SmartBrainの動作環境をご覧下さい。
http://www.smartbrain.info/?page_id=1677

【サンプル講座】

【講座概要】

薬学博士の、アフロ先生が、これまでの登録販売者の受験指導、テキスト制作、出題傾向分析に基づき、最短での合格を目指す講座を開発いたしました。
本講座は、オンラインで学習する動画講義です。

【講師 岩堀禎広 プロフィール】

薬剤師、薬学博士
明治薬科大学卒業後、国際薬学連盟、国際薬剤師連合、病院、調剤薬局等、さまざまな医療機関、教育機関の運営や企業経営に携わる。また、医歯看護美容にて教鞭をとり、多くの資格試験のテキストや教科書の制作に関わる。著書も多数、主な著作に、[何故患者は薬を飲まないか?][医療コミュニケーションスキルを学ぶ前に読む本][ピザ屋を呼んだら、そのまま帰すな!][アフロ先生と学ぶ登録販売者合格テキスト]。

【主な対象企業様さま】

・製薬会社、ドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパマーケット、派遣会社など、従業員へ登録販売者資格の取得の教育をしたい企業さま
・従業員がさまざまな営業所や支社等にいて、集合研修を実施するのが難しい企業さま
・派遣・パート・アルバイト等、従業員の入れ替わりが多く、その都度、基礎的な教育を実施するのを大変に感じている企業さま
・従業員に基礎的な教育をしたいが、社内に講師がおらず、外部の研修講師の費用も高いと感じている企業さま
・旧来のeラーニング(テキストのみの教材等)に限界を感じている企業さま

【講座収録時間】

約25時間

【ご利用期間】

365日

※バリューパックは年間単位でのご利用となります。

【バリューパックに含まれるもの】

・eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」
・eラーニングマネジメントシステム「SmartBrain」(同時接続数25・ASP御社専用URL・学習機能・管理機能)
・SmartBrainオンラインマニュアル
・メールサポート(対象:学習管理ご担者さま1名 内容:SmartBrainの使い方)

【目次】

講座ガイダンス
登録販売者とは?登録販売者資格試験について
講師紹介、本講座の趣旨と特徴
模擬講座

(第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識)
薬害
医薬品の副作用
医薬品の相互作用
一般用医薬品の販売に従事する専門家の対応
小児への医薬品の使用
妊婦または妊娠していると思われる女性への医薬品の使用
高齢者への医薬品の使用
アレルギー(過剰反応)
医薬品の品質
医薬品の本質
プラセボ効果
一般医薬品の役割
一般医薬品の使用(使用上の注意)
セルフメディケーション
医薬品のリスク評価
健康食品

(第2章 人体の働きと医薬品)
2−1 副作用
2−1 副作用  ショック(アナフィラキシー)アナフィラキシー症候群
2−1 副作用  皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス、ジョンソン症候群)(SJS)
2−1 副作用 中毒性表皮懐死融解症(TEN)
2−1 副作用 肝機能障害
2−1 副作用 偽アルドステロン症
2−1 副作用 接触皮膚炎、光過敏症
2−1 副作用 薬疹
2−1 副作用 無菌性髄膜炎
2−1 副作用 消化性潰瘍
2−1 副作用 イレウス様症状(腸閉塞様症状)
2−1 副作用 間質性肺炎
2−1 副作用 喘息
2−1 副作用 精神神経症状、排尿困難、尿閉,眼圧上昇、散瞳等
2−2
医薬品の吸収
医薬品の代謝と排泄
2−3 剤型毎の違い、適切な使用法
2−4 目、涙、眼球
2−5 血液
2−6 末梢神経系
2−7 膵臓
2−8 胃
2−9 小腸
2−10 胆嚢、肝臓
2−11 大腸
2−12 呼吸器系
2−13 リンパ系、脾臓
2−14 腎臓、副腎(泌尿器系)
2−15 骨
2−16 筋肉
2−17 薬の働く仕組み
2−18 脳、中枢神経系
2−19 鼻、耳
2−20 外皮系

(第3章 主な医薬品とその作用)
3−1 かぜ薬
かぜ薬1(風邪の発症と諸症状)
かぜ薬2(主な配合成分等)
かぜ薬3(主な副作用等)
3−2 解熱鎮痛薬(痛みや発熱が起こる仕組み、解熱鎮痛薬の働き)
3−3 眠気を促す薬
3−4 眠気を防ぐ薬
3−5 乗り物酔い防止薬
3−6 小児のかんを適応症とする生薬製剤、漢方処方製剤
3−7 咳止め、痰を出しやすくする薬
3−8 口腔咽喉薬、うがい薬 
3−9 胃の薬
3−10 腸の薬
3−11 胃腸鎮痛鎮痙薬
3−12 その他の消化器管用薬
3−13 強心薬
3−14 高コレステロール改善薬
3−15 貧血用薬、その他の循環器用薬
3−16 痔の薬
3−17 内容痔疾用薬、その他の泌尿器用薬
3−18 婦人薬
3−19 アレルギー用薬
3−20 鼻炎用点鼻薬
3−21 眼科用薬
3−22 皮膚に用いる薬1
3−23 皮膚に用いる薬2
3−24 皮膚に用いる薬3
3−25 歯や口中に用いる薬
3−26 禁煙補助剤
3−27 滋養強壮
3−28 漢方処方製剤、生薬製剤
3−29 公衆衛生用薬
3−30 一般用検査薬

(第4章 薬機関係法規、制度)
4−1薬機法の目的、医薬品の分類、取扱等
薬機法の目的、医薬品の取扱等
医薬品の定義と範囲
毒薬、劇薬、生物由来製品
一般医薬品のリスク区分
容器、外箱への記載事項等
医薬部外品、化粧品、保健機能食品
保健機能食品等の食品
4-2医薬品の販売業の許可
許可の種類と許可行為の範囲1
許可の種類と許可行為の範囲2  薬局
許可の種類と許可行為の範囲3  店舗販売業
許可の種類と許可行為の範囲4 配置販売業
リスク区分に応じた販売従事者、情報提供、陳列等
4−3医薬品販売に関する法令遵守
適正な販売広告 
適正な販売法
行政庁の監視指導等

(第5章 医薬品の適正使用、安全対策)
5−1
医薬品の適正使用情報1
医薬品の適正使用情報2
5−2 医薬品の安全対策
5−3 医薬品の副作用による健康被害の救済
5−4 一般用医薬品に関する主な安全対策
5−6 医薬品の適正使用のための啓発活動

【学習可能デバイス】

PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

【講座のお申込み・無料体験・お問い合わせ】

下記の画像、またはURLをクリックするとお申込み・無料体験画面に移動します

Webサイト http://afro.elearning.co.jp/?page_id=4438

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。  http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-4405-8486 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

【講師支援】

この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。 http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【株式会社キバンホールディングスについて】



株式会社キバンホールディングス http://www.kiban.co.jp/ では、「最高の学びをすべての人に」をゴールに、みなさまが日常生活に不可欠な社会基盤(インフラストラクチャ)として利用できる商品とサービスを提供します。以下、キバンホールディングスのグループ企業をご紹介します。

●株式会社キバンインターナショナル

eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定されました。
住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610 Email: international@kiban.jp
Web: http://www.kiban.jp/

●株式会社パンダスタジオ

最新の設備が揃ったビデオスタジオ。e-ラーニングコンテンツ制作、インターネット生中継(ライブストリーミング)、リアルタイムにクロマキー合成による撮影、4K撮影などが可能です。出張対応も可能です。プロバレーボール、プロバスケットボール、プロゴルフのスポーツ生中継や、医療制コンテンツの撮影、製品発表などの生中継を多く手がける。
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
電話:03-4405-8487 FAX:03-6684-4610 Email: pandastudio@kiban.jp
Web: http://pandastudio.tv/

●株式会社ジェイ・ジェイ・エス

動画・映像教育教材の制作、事務局業務のオンライン化、テストや試験のオンラインテストシステムの構築など教育から技術スキルの認定までオールインワンのサービスを展開している。教育ビジネスで培った経験と ノウハウを駆使して共に考え行動する事を企業理念として掲げている。
電話:03-3260-0955 FAX:03-3260-0965 Email: jjstc@jjs.net
Web: http://www.jjs.co.jp/ http://cbt-j.com/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES プレスリリース, 新着情報by.kobayashiseira0 Comments2016.04.19
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。