受講アンケート1【子供に我慢させるために、大人も感情的にならない我慢が必要だと思った】「我慢と耐えること-しつけの本質」第2回子育てコミュニケーション勉強会

2016/3/9第2回子育てコミュニケーション勉強会の様子

2016/3/8(火)に第2回子育てコミュニケーション勉強会が、秋葉原パンダスタジオにて開催されました。

内容は、

子育てコミュニケーション講座で、
「我慢と耐えること(しつけの本質)」について、
発達心理学やコーチング術をみんなで学び、具体的な例を話し合います。

参加者のアンケートを紹介いたします。

講座を選ぶ際の、ご参考にもなれば幸いです。


1 eラーニングで受講した感想を教えてください。
本間先生と小巻先生の対話形式がとても分かりやすかった。
皆さんのお話を聞くことができたので楽しかった。

2 自己制御力が3歳までに出来上がるということをご存知でしたか?
→なんとなく知っていた。

3 3歳までに我慢を伝えないと危険だとご存知ですか?
→なんとなく知っていた。

4 子育ての過干渉によって、青年期以降の集団行動になじめない、切れるなどの問題になるとご存知でしたか?
→なんとなく知っていた。

5 耐性が子供の成長に必要と聞いて、今日から何ができると思いますか?
→もうすでに4歳なのですが、今からでも小さな我慢からさせようと思いました。自分自身も言うことを聞かない子供に対して感情的にならないように我慢しなければ!!と思いました。。

6 この講座はどんな人にオススメしたいですか?
→主婦、ご年配の方。

7 子育てコミュニケーション講座は今後の参考になりましたか?何かに活かせそうであれば、どんな場面で活躍できそうですか?
もうすぐ子供が生まれるママ、パパの産婦人科病院とかの教室

8 次に女子勉強会(女子向けの講座をみんなで見て、意見交換する場)で取り上げてみない講座があれば、教えてください。
→似合う色の見つけ方講座。


子育てコミュニケーション勉強会の詳細ページはこちら

http://joshibu.elearning.co.jp/?page_id=312

参加者募集中!お申し込みはこちら

以下のエントリーシートに、お名前・メールアドレス・参加希望会をご記入のうえお申し込みください。
エントリーシート
http://joshibu.elearning.co.jp/?page_id=17

担当:キバンインターナショナル 女子部 衣笠 n.kinugasa@kiban.jp

『子育てコミュニケーション』講座サンプル


コミュニケーションの最小単位である『親子』のコミュニケーションが、成長後の子供のコミュニケーション能力を大きく左右するといわれております。母親であり教育心理学者である小巻亜矢先生と、学習学の提唱者本間正夫先生のコラボレーションとテキスト教材で学習します。
講師:NPOハロードリーム実行委員会 代表理事 小巻亜矢先生 株式会社らーのろじー:代表 本間正人先生
内容
1)テキスト
2)<別冊> 脳のしくみ・ヒトの成長生理
3)Eラーニング(パスワードで閲覧)の受講(受講期間1年間)
4)子育てに関する質問受け付けご案内
<価格 3,980(税込)テキスト付>

子育てコミュニケーション講座 詳細はコチラ

子育てコミュニケーション講座

子育てコミュニケーション講座 ご購入はコチラ

子育てコミュニケーション講座
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。