若手社員によるビックデータ活用実態セミナー ~データを紡いで、未来を編む~ の配信をお手伝いしています.


本日は、以下の配信のお手伝いをしております。



セミナー内容

データサイエンスの実態・マーケティング領域でのビックデータの利活用について みなさんにより深く理解していただくためのセミナーです。

■オプトのビックデータ活用について

データサイエンスの真価は、データから、意味のある情報・価値をいかに引き出し、ビジネスや社会に役立てることができるかだとオプトは考えます。
今後、質・量・種類ともに増加していくデータを有効活用するためには、「整理」し「可視化」し、「意味をくみ取る」ことがより重要になってきます。
オプトではデータを活かしたマーケティング支援はもちろん、データからの新規ビジネスの創出にも力を入れています。

■セミナーの詳細や内容

データ×テクノロジーをテーマに、
データを活用したオプトでのビジネス事例を紹介いたします。
オプトデータサイエンスラボでの取り組みや、
データを使った職種の2015年入社社員たちが普段の業務内容などをご紹介いたしますので、
情報系の知識を活かした業界・仕事内容にご興味のある方は是非ご参加ください。

■このセミナーに参加するのであれば、こんな人にオススメ

「IT・マーケティング業界におけるデータ活用事例に興味がある」
「新規ビジネスの研究開発に興味がある」
「将来データを使って、世の中に新たな価値を提供したい」

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2016.02.29
TAGS  
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。