【子連れ出勤で、子供の世界観を広げる】~職場で子供上映会

子供上映会後ろ姿
(子供上映会「駒込キャンパスのシアタールーム」にて)

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

本日は、子供が冬休みなので、子連れ出勤しました!
以前から、子供を仕事場に連れていきたいと思っていました。

もちろん子供の預け先がないときにとても助かります。
何よりも子供に仕事場を見せる事もとても意味のあることに思っているのです。

【子供に仕事場を見せるメリット】
・子供に、仕事場・大人の働いている姿を見せることは、新しい世界を知るという大きな刺激になるし、自分の将来を考えるのイメージにも繋がる。

・親が仕事に出かけると言った時に、どういった場所に行くかがわかっているだけで、子供にとっては安心感になる。

【なぜ仕事場を見せたいと思ったのか?】
・きっかけは、子供が仕事に行かないでと行った時期があったこと。
しかも、自分は保育園に行くけれど、ママは会社に行かないで家で待っててと言う。きっと仕事場がどういう場所かわからないので漠然とした不安があったのでしょう。いちど、仕事場を見てもらいたいと思うようになりました。

・私自身大人になったときにも、親の働いているところに連れて行ってもらった印象は深く残っており、自分もこうやって一生懸命働きたいと感じた。

【冬休みに子供と職場へ出かけよう】
・子連れ出勤ができなくとも、職場の入り口までいったり、一緒に周辺を散策したりするだけで、親の働いているイメージは沸きますよね。
この機会に、親の仕事について話すのもいいと思います。

【子供上映会】

今日は、
普段は、eラーニング講座を上映等を行っている、駒込キャンパスの「シアタールーム」(上写真)で子供上映会を行いました。

シアタールームに入るなり子供たちはウキウキが体から溢れ出ていましたよ~

『子育てコミュニケーション』講座サンプル


コミュニケーションの最小単位である『親子』のコミュニケーションが、成長後の子供のコミュニケーション能力を大きく左右するといわれております。母親であり教育心理学者である小巻亜矢先生と、学習学の提唱者本間正夫先生のコラボレーションとテキスト教材で学習します。
講師:NPOハロードリーム実行委員会 代表理事 小巻亜矢先生 株式会社らーのろじー:代表 本間正人先生
内容
1)テキスト
2)<別冊> 脳のしくみ・ヒトの成長生理
3)Eラーニング(パスワードで閲覧)の受講(受講期間1年間)
4)子育てに関する質問受け付けご案内
<価格 3,980(税込)テキスト付>

子育てコミュニケーション講座 詳細はコチラ

子育てコミュニケーション講座

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。
子育てコミュニケーション講座

【今すぐ購入する】

365日間見放題 価格 3,980円(税込)テキスト付

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 女子部by.kobayashiseira0 Comments2015.12.21
TAGS , , , ,  
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ