【「音域が狭い為、同じ歌に聞こえるという悩み」解決!】第22回女子勉強会感想~カラオケ恐怖症11の克服術講座

image
(駒込キャンパスの、音響が素晴らしいシアタールームにて女子会をしている様子)

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

カラオケで私が歌うと、どんな歌も同じ歌に聞こえてくる。

もう少し、上手になりたいが、

でも、わざわざ、ボーカルレッスンするまでは、ちょっと。。。

そんなとき、「カラオケ恐怖症11の克服術」
講座詳細ページ http://elearning.co.jp/?page_id=5858

を昨日(10/20)の女子会で取り上げてもらえて、とてもうれしかったです。女子会は、みんなで実践練習できるのも、楽しさのひとつですね☆

ところで、「どんな歌も同じ歌に聞こえてくる歌い方」をしてしまう原因は、おそらく「音域が狭い」というところにあると思う。

私は、特に高音が苦手だが、その「高音」の出し方について、今までのイメージがかわった。

それは「高い音をだす」のではなく、「遠くの人に届くように声を出す」というイメージだ。

そうすると、喉が開き、高い音が出るのだという。

女子会で「シャボン玉」の歌で、実践して、少し違った歌い方ができたかなと思った。

これからは、これを意識してカラオケで練習していきたいと思った。

【カラオケ恐怖症11の克服術 講座サンプル】

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

カラオケ恐怖症 11の克服術(有料) 30日パック 2,100円(税込)
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 女子勉強会, 女子部by.kobayashiseira0 Comments2015.10.19
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。