2/13(金)eラーニング『マンボウなんでも博物館 vol.2』開講!

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、2/13(金)、eラーニング『マンボウなんでも博物館 vol.2』を開講しました。

本講座では、マンボウ好きをこじらせて、研究まで始めてしまったマンボウ廃人・海星夏輝が、多様な切り口からマンボウを徹底解説。「マンボウにまつわる都市伝説」「マンボウの学術的な分類」等を扱ったvol.1に続いて、vol.2では「マンボウ料理」「マンボウの地方名」などを取り上げます。ディープなマンボウの世界をぜひお楽しみください。

お申込みは http://elearning.co.jp/?page_id=14588 から。

【講座名】

マンボウなんでも博物館 vol.2

【マンボウなんでも博物館 vol.2 サンプル講座】



【講座概要】

独特な体型が特徴的なマンボウ。「一度の産卵で最大で三億個もの卵を生む」という特徴的な生態や「水面から飛び上がり、水面に落ちた衝撃で死ぬ」といった都市伝説など、話題に事欠かない不思議な生き物です。本講座では、マンボウ好きをこじらせて、研究まで始めてしまったマンボウ廃人・海星夏輝が、多様な切り口からマンボウを徹底解説。「マンボウにまつわる都市伝説」「マンボウの学術的な分類」等を扱ったvol.1に続いて、vol.2では「マンボウ料理」「マンボウの地方名」などを取り上げます。ディープなマンボウの世界をぜひお楽しみください。

【講師 海星夏輝 プロフィール】

マンボウ好きをこじらせて、研究まで始めてしまったマンボウ廃人\(^o^)/
調査範囲は地球全体! 地球上のマンボウ科全種を捕獲するべく奮闘中。
科学から芸術までありとあらゆる視点から、マンボウに関する情報を収集・発信していきます!

【受講対象者】

一般

【価格】

1,000円(税込)

【目次】

講座紹介
食べられる魚なの? マンボウ料理
どうやって獲るの? マンボウの漁獲方法
地域によって呼び名が違う?マンボウの地方名
不思議がいっぱい!マンボウの体の構造
一体どうやっているの? マンボウの研究の仕方

【講座収録時間】

約60分

【受講可能期間】

購入より365日間

【学習可能デバイス】

PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

【講座のお申込み・無料体験・お問い合わせ】

http://elearning.co.jp/?page_id=14588 

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。  http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-5846-5800 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

【講師支援】

この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。 http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【キバンインターナショナルについて】

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。 本プレスリリースについて本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.町田 萌0 Comments2015.02.13
記事の投稿者
町田 萌
学生時代にキバンインターナショナルでアルバイトをしていました。講座を活用してCFP、宅建、証券外務員の資格を取得。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。