マンション管理士TOEIC メールマガジンバックナンバー(2)

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2013年3月1日発行
■□■——————————————————■□■
eラーニング導入こぼれ話 Vol.0128
■□■——————————————————■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今週のeラーニングポータルサイト http://elearning.co.jp/ は・・・

マンション管理士を専門に教えるわたべ塾代表の渡部正和(わたべまさかず)先生による『マンション管理士講座』
http://elearning.co.jp/?page_id=7523

23万部ベストセラー『TOEICテストはじめてでも600点がとれる』の山根和明(やまねかずあき)先生による『山根のゲーム感覚TOEIC講座』
http://elearning.co.jp/?page_id=7426

です。

どちらも年季の入った重厚な知識と軽妙な語り口がうまくマッチして、すーっと頭に入ってきます。

実際の講座から『マンション管理士TOEIC メールマガジンバックナンバー(1)』http://blog.elearning.co.jp/archives/37876.phpに引き続き一部を抜粋してご紹介します。

山根式TOEIC対策

※Part1、Part5、Part7から抜粋

※Part1

山根先生「みなさん、こんにちは。

Part1写真問題。

これは私は、「マルペケ」問題と名付けていますけどもね、実は「三角バツ」ゲームなんです。

マルというと、答えが正しいということですが、そんなにたやすくマルがでるような問題は作りません。

だから、あなたが、あら?と思ったらすぐ三角にすることが大事です。

ピン、ポン、パンと英語は聞こえてくるんです。

TOEICの問題は、ピン、ポン、パンです。」

続きは
http://youtu.be/P7-Z_Dwu2hw
で、無料でご覧頂けます。

※Prat5

山根先生「いよいよ、パート5まできましたね。

パート5は、いわゆる文法・語彙問題です。

でもね、文法といってもみなさん怖がることはないんですよ。

大学入試のあんな難しい英文法問題なんてまずでません。

中学校レベルの文法問題です。中学校レベルはちゃんとやっておかなければいけません。

そしてね、厄介なのは語彙問題です。ボキャブラリーというやつです。

どの本番のテストをみても、中学レベルの問題が6割。40問のうち、24、5問は中学レベル。

そしてあとの20問近くはボキャブラリー問題。

ということで、初級者の方の場合は、中学レベルの問題に取り組んで、ボキャブラリー問題は捨てるんです。」

続きは
http://youtu.be/8DbDrNzJG3g
で、無料でご覧頂けます。

※Part7

山根先生「いよいよ最終コーナーですね。

パート7は、結局はいかに頭から読めるか、ということに尽きます。

だからこれは修業しないとなかなか伸びないんですよ。

ですけど、今日は設問の方で、キーワードを見つけて、本文にあたっていくという、いわゆるスタンダードな形で進めていきます。

もちろんみなさんが、600点以上、700、800といく人は頭から読んでいって問題にあたるのがいいです。

まずはスタンダードに、設問からはいっていくという形でやっていきましょう。」

続きは
http://youtu.be/hae7-7BHz7Y
で、無料でご覧頂けます。

山根のゲーム感覚TOEIC講座 概要

【講座概要】

(講師 山根和明より)
TOEICで高得点を得るためには、分からない問題にじっくり取り組んでいる時間はありません。私の指導法では、いかに楽しくゲーム感覚で取り組んで頂けるかがポイントになります。

私はこの10年でのべ3000人以上の大学生、社会人を指導して参りました。講義後はほぼ皆さん「英語大好き人間」に変身されます。「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。好きになって初めてミラクルパワーが出るのです。私はそのミラクルパワーの伝道者でありたいと願っています。

皆さんに伝えなくてはならない、そのためには動画、音声による講義がどうしても必要だったのです。

この講義ではTOEICのpart1~part7までの攻略法をゲーム感覚で指導しています。

ゲーム感覚といっても、本当の実力をつけるためのリスニング勉強法、語彙力、速読力をつけるための勉強法をわかりやすく解説しています。

大学で大きな成果をあげた山根講座、どうぞお楽しみください。

【講座サンプル】


【講師 山根和明 プロフィール】

これまでの指導校、講座など:
(1)山口大学経済学部非常勤(平成20年4月~現在に至る)
(2)山口大学工学部非常勤(平成20年4月~現在に至る)
(3)島根県立大学集中講義(夏、冬)(平成20年~現在に至る)
(4)長崎県立大学集中講義(夏、冬)(平成20年~24年まで)
(5)NHK広島文化センター社会人TOEIC講座担当(平成17~19年〉
(6)NHK山口文化センター社会人TOEIC講座担当(平成17~19年)
(7)サビエル高校(山口県小野田市)英語集中講座(平成20年~22年〉
(8)大阪堺高校TOEIC-Bridge指導講座(平成21、22、23年夏)
(9)大阪堺市中学高校英語教員TOEIC指導講座(平成22年夏)
(10)和歌山市中学高校英語教員TOEIC指導講座(平成22、23年夏)
(11)文科省教員免許更新講座(英語担当)(平成22、24年夏)
(12)山口大学TOEIC特別講義(平成24年11月から毎週月曜日〉
(13)山口大学TOEIC集中講義(平成24年12月25、26、27、28日)
(14)山口大学グロービッシュ英語集中講義(平成25年2月24、25、26、27日)
(15)京都、佛教大学、通信講座生向け「夏のスクーリング講座」リスニングスキル担当(平成23、24年夏)
著書
(1)平成2年: 大学入試英文法「グラマー即戦力」出版(文英堂)
(2)平成3年: 大学入試英語「テーマ別長文問題集」(初級、中級、上級)3冊出版(文英堂)
(3)平成5年: 大学入試英文法「新グラマー即戦力」出版(文英堂)
(4)平成6年: 大学入試英語「新テーマ別長文問題集」(入門、初級、中級、
上級)4冊出版(文英堂)
(5)平成7年: 「TOEIC英文法」(文英堂)出版
(6)平成12年: 「TOEICテスト最短最速攻略テク」(二見書房)出版
(7)平成20年: 「TOEICテストはじめてでも600点がとれる」(成美堂出版)
*現在23万部のベストセラー)
(8)平成21年: 「新TOEICテスト最短最速攻略テク」(二見書房)出版
(9)平成23年: 「TOEICテスト入門講座」(語研)
(10)平成25年5月ナツメ社から出版予定: 「TOEICテスト問題集」
(11)平成25年9月国際語学社から出版予定: 「TOEICテスト問題集」

【価格】

90日間 4,980円(税込)
180日間  7,480円(税込)

【講座収録時間】

約3時間30分

【目次】

自己紹介
Part1 「○×ゲーム」感覚で攻略!
写真説明問題 1
写真説明問題 2
Part2 「○×ゲーム」感覚で攻略!
英門英答問題 1
英門英答問題 2
Part3 「待ち伏せゲーム」感覚で攻略!
会話聞き取り問題 1
会話聞き取り問題 2
Part4 「待ち伏せゲーム」感覚で攻略!
トーク聞き取り問題 1
トーク聞き取り問題 2
Part5「中学レベル英文法10探しゲーム」感覚で攻略!
文法・語彙問題
文法・語彙問題 2
Part6「中学レベル英文法10探しゲーム」感覚で攻略!
文脈重視の文法・語彙問題
文脈重視の文法・語彙問題 2
Part7 「キーワード探しゲーム」感覚で攻略!
俗にいう長文問題
俗にいう長文問題 2
【受講可能期間】

365日間

申込Webページ
http://elearning.co.jp/?page_id=7426

マンション管理士講座無料体験

渡部先生のマンション管理士講座より、「占有部分について」をご覧頂けます。

いったいマンションの専有部分はどこからどこまで?

自分の使える専有部分と思っていたところが、実は共用部分だった。これは意外に少なくありません。

そうすると、知らずに迷惑をかけていたり、あるいは迷惑な人だと思われかねませんので、とても大切な知識です。

どうぞご覧ください。

ユーザ登録が必要です。
(下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからログイン頂けます)

( パスワードをお忘れの場合、ログイン画面で「パスワードへルパー」をクリックしてください。
このメールマガジンが届いているメールアドレスを入力すれば、新しいパスワードが発行され、ログインすることができます。) ログイン後、 「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「【第128回】マンション管理士 専有部分について」をクリックでご覧頂けます。

—(編集後記)—————————————————–

これまで、たくさんの先生にお会いしていますが、キャリア30年以上の方ともなると、その言葉に宿る力が、キャリアの短い講師よりも強い印象があります。

収録をしていてもミスも少なく一発オーケー。いろいろと細かい点にまで配慮されているので、学ぶ方にとっても、きっと、やりやすいのではないでしょうか。

————————————————————————–

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, メールマガジンバックナンバー, 資格by.kobayashiseira0 Comments2015.01.17
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。