【カラリストへの道】1月の着物の色合わせ

キバンインターナショナル衣笠です。

1月に友人の結婚式に招待され、着物で出席することに決めました。

恐らく今回が友人の最後の華やかな結婚式、

華を添える意味でも着物で出席しようと思います。

 

着物って、季節によって色が決まってるのはご存知でしたか。

1シーズン季節を先取りして着るのが着物の基本、

色目も1月であれば、春らしい淡い色を選ぶと良いとのことですね。

着物は瓶覗色※、帯は淡い色の袋帯、帯締めは薄いピンク色で桜の絵柄が描いてあります。

 

1月着物 瓶覗色 色合わせ

1月着物 瓶覗色 色合わせ

※瓶覗色p16+:瓶覗き(かめのぞき)とは、に近いごく薄い藍色。英語色名のペールアクア(ごくごく薄い水色)に近い。(wikipediaより)

色彩的に言うと、類似トーンの中での組み合わせですね。

色にご興味のおありの方は、中間たかえ先生の色の特徴とルールを知ろう!色の法則基礎講座 (色彩検定3級対応)は365日間24時間見放題で、
税込15,000円です。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.Kinugasa Noriko0 Comments2015.01.10
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。