ミクシィ—売り先行、信用取引規制の強化をネガティブ材料視 【経済ニュースで分かる証券外務員試験対策】

big-money_2452697

こんにちは!

キバンインターナショナルのアルバイト、西谷です。

経済ニュースって専門用語が多くてちょっと分かりにくい。

そんなとき、実は証券外務員の知識が役に立ったりするのです。

経済ニュースを読み解くワンポイント知識をお届けするこのシリーズ。

ニュースと証券外務員の勉強が両方できて一石二鳥です。

では、今日のニュースいってみましょう。

(試験に出やすいポイントを解説する為、過去のニュースになることがあります。)

今日のニュース: ミクシィ—売り先行、信用取引規制の強化をネガティブ材料視

(2014年8月5日のニュース)

売り先行。東証が、同社株の信用取引に関する臨時措置を発表したことが嫌気されている。
委託保証金率を本日売買分から50%以上(うち現金20%以上)とする。8日に予定されている第1四半期決算に対する期待感を背景に前日まで上値追いが続いており、信用取引規制の強化が利益確定売りを誘う格好に。
マイナビニュースより引用)

試験に出るワンポイント解説:委託金保証金とは

金融商品取引業者が顧客に信用を供与して行う有価証券の売買を信用取引といいます。具体的には、顧客が証券会社に担保を差し入れ、証券会社から現金または株券を借りて、株式の売買をすることです。

委託保証金とは、信用取引の際に顧客が証券会社に差し入れる担保のことで、その額は通常約定価額の30%とされています。これを委託金保証率といいます。

詳細は、こちらのe-learning講座ををご覧ください。

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員講座対策問題集も好評発売中!

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.nishitani0 Comments2014.08.19
記事の投稿者
 

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。