H26年度 毒物劇物取扱者試験が間近です。

H26年度 毒物劇物取扱者試験が間近です。

キバンインターナショナルでは江部 明夫先生による毒物劇物取扱者(一般)資格試験対策講座を開講しております。
江部先生は、東京都立工業高校教諭(工業化学)を経て、校長となり定年退職後、毒物劇物取扱者受験対策講座および危険物取扱者(乙種4類、甲種)の受験対策講座を東京医薬専門学校や東京バイオテクノロジー専門学校、神奈川県の職業技術専門校などにおいて、のべ20年近く学生や社会人に教えて多数の合格者を出していらっしゃいます。

4章にわかれており、
1項が10分前後と見やすく、合計6時間のわかりやすい動画方式の授業です。
通勤時間の合間など隙間時間を活用して、
来る7月6日(日)の試験に準備されてはいかがでしょうか。

<平成26年度毒物劇物取扱者試験案内>
※平成26年度の毒物劇物取扱者試験の受験申込の受付は終了しています。
1 試験の日時及び場所

 * 期日 平成26年7月6日(日曜日)
 * 場所 早稲田大学1号館及び22号館
       新宿区西早稲田一丁目6番1号
 * 試験区分及び時間
  一般       午前10時から正午まで
  農業用品目  午前10時から午前11時30分まで
  特定品目    午前10時から午前11時30分まで
2 試験の種別及び内容

(1)試験の種別
 試験の種別により、扱える毒物及び劇物が限定されます。
 ア 一般(毒物又は劇物の全品目を扱う責任者)
  製造業・輸入業・販売業の毒物劇物取扱責任者になることができます。
 イ 農業用品目(農業用の毒物又は劇物のみを扱う責任者)
  輸入業・販売業の毒物劇物取扱責任者になることができます。
 ウ 特定品目(特定品目の毒物又は劇物のみを扱う責任者)
  輸入業・販売業の毒物劇物取扱責任者になることができます。
(備考) 上記、イ、ウの合格者は製造業の毒物劇物取扱責任者になることができません。
(2)試験の内容
 ア 筆記試験
  (ア) 毒物及び劇物に関する法規
  (イ) 基礎化学
  (ウ) 毒物及び劇物の性質及び貯蔵その他取扱方法
 イ 実地試験
  毒物及び劇物の識別及び取扱方法

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.Kinugasa Noriko0 Comments2014.06.25
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。