1/17(金)、eラーニング『第二種電気工事士試験に10日間で合格講座』開講!

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、1/20(月)、eラーニング『第二種電気工事士試験に10日間で合格講座』を開講しました。独学だと最低3か月程度かかる第二種電気工事士試験の学習が何と最短10日間で合格できる講座です。お申込みは http://elearning.co.jp/?page_id=10746 から。

【本文】

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、1/20(月)、eラーニング『第二種電気工事士試験に10日間で合格講座』を開講しました。

独学だと最低3か月程度かかる第1種衛生管理者の学習が何と最短10日間で合格できる。その秘密は・・・サンプルをご覧ください。

お申込みは http://elearning.co.jp/?page_id=10746 から。

【講座名】

第二種電気工事士試験に10日間で合格講座

【サンプル講座】

【講座概要】

独学だと最低3か月程度かかる第1種衛生管理者の学習が何と最短10日間で合格できる講座です。

【講師  中森 健裕、末續 智、熊谷 雅文 プロフィール】

日本理工情報専門学校専任教諭。毎年、第二種電気工事士の講習に携わり合格率は常に85%以上を誇る。日本理工情報専門学校では工学・コンピュータ分野はもとより、電気、電子、音響、映像、建築、医療、福祉、環境など、さまざまな業種領域の企業の期待に応えるスペシャリストを毎年数多く輩出しており、70年の伝統がある。

【受講対象者】

第二種電気工事士試験に短期で一発合格されたい方

【キャンペーン価格】

14,800円(税込) 通常価格19,800円(税込)

【目次】

(第一章 基礎理論)
直流回路1
直流回路2
直流回路3
交流回路1
交流回路2
三相交流回路

(第二章 配電理論・配線設計)
電圧の種別、単相2・3線式回路
過電流遮断器の施設等
電動機の入った幹線の許容電流等
分岐回路の施設等
地絡遮断装置の施設等

(第三章 電気機器、配線器具と工事材料・工具)
かご形誘導電動機
照明・電線・ケーブル工事
金属管金属製可とう電線管工事
合成樹脂管工事材料・工具

(第四章 施工方法)
工事の種類
接地工事
金属管工事、ケーブル工事、その他の工事
特殊な場所の工事

(第五章 検査方法)
種類と記号、接続
絶縁抵抗の測定
接地抵抗の測定、測定器

(第六章 配線図)
図記号
単線図、複線図
電気設備技術基準・解釈

(第七章 法規)
電気事業法、電気工事法
電気工事業法、電気用品安全法

【講座収録時間】

約6時間40分

【受講可能期間】

365日間

【学習可能デバイス】

PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

第二種電気工事士試験に10日間で合格講座 365日間 14,800円(税込)
【今すぐ購入する】

学習をスタートする

1 下記ログインフォームより、無料体験、購入手続きの際に使用した、ID、パスワードでログインします。
2 購入済みの各講座をクリックして学習をスタートしてください。

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。  http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-5846-5800 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

【講師支援】

この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。 http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【キバンインターナショナルについて】

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。 本プレスリリースについて本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, プレスリリースby.yasu.tanaka0 Comments2014.01.17
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。