eラーニングコンテンツ最速作成法(1)メールマガジンバックナンバー

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2012年5月11日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0087

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

eラーニングを実施する企業にとって、共通のお悩みといえるのが、コンテンツ作成の大変さ。

いざ作成しようにも、伝わりにくい、時間がかかる、かといってクオリティは落としたくない、など数多の問題がでてきます。

そこで今回は、私たちキバンインターナショナルインターナショナルが行っているコンテンツ作成法をご紹介いたします。

簡単、お手軽、低価格、と3拍子揃った方法です。

どうぞご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. eラーニングの3要素
2. ボタン1発!最速の作成ツール
3. 動画コンテンツの時代
4. 編集なし、セットなし、カメラマンなしで作るビデオ教材
5. 学習者にやさしいeラーニングシステム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●iPhone、iPad、Android、PC、ブラウザを選ばず学習できるLMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込) 
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】eラーニングコンテンツ最速作成法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●eラーニングの3要素

eラーニングを実施する際に押さえなくてはならない、3つの要素。

それは・・・

その1.コンテンツ
その2.作成ツール
その3.eラーニングシステム

です。

この3つが絡み合ってよいeラーニングを実施することができるということですね。

ということで、コンテンツを作成する際には、作成するためのツールと、学習する為のプラットフォームであるeラーニングシステムも大切ということになります。

●ボタン1発!最速の作成ツール

そこで、私たちキバンインターナショナルが提供しているスピーディーに教材作成ができるツールをご紹介しましょう。

どれもボタン1発でできるお手軽ツールばかり。まずは無料でお試しください。

・PPT2Flash・・・PowerPointファイルをボタン1発でFlashに変換できるソフト。無料お試しは http://ppt2flash.jp/?page_id=23 から。

・PPT2Mobile・・・PowerPointファイルをボタン1発で動画に変換できるソフト。無料お試しは http://ppt2mobile.jp/?page_id=11 から。

・PPT2Voice Neo・・・PowerPointのノートから、自然な合成音声をボタン1発で作成できるパッケージ(PPT2FlashとPPT2Mobileが同梱)。無料お試しは http://ppt2voice.jp/?page_id=7 から。

その他、クリックだけできる簡単画面キャプチャソフト DemoCreator Pro  http://pro.democreator.jp/?page_id=8 や、キーボード入力だけで多くのクイズ形式が利用できるQuizCreator http://quizcreator.jp/?page_id=11 などもお手軽でおすすめです。

●動画コンテンツの時代

さて、上記でご紹介したツールは、確かに、お手軽、簡単、スピーディーと好評を頂いています。

しかし、中には、PowerPointファイルや動画キャプチャだけで学習するのは物足りないと感じる学習者の方がいらっしゃるのも事実。

学習効果も考えるともうひとひねりしたい。
そう思う方も多いでしょう。

そんなときにお勧めなのがビデオ教材です。

最近では、iPhoneやAndroidなど端末性能の向上に伴い、動画コンテンツを再生できる環境が以前よりもだいぶ整ってきました。

実際に人間が講義する様子をビデオ撮影し、そのままeラーニングにした教材の方が、分かりやすくて、学習していても面白く感じるのも自然なことかと思います。

ところが、eラーニングの為のビデオ撮影のやり方が分からない。

まだまだそのようなお声をたくさん頂きます。

そこで私たちが提供しているのが、eラーニング撮影用レンタルスタジオ パンダスタジオ http://pandastudio.tv/ です。
パンダスタジオでは専門スタッフ立ち会いのもと撮影するので、初心者の方でも全く心配いりません。

こちらも簡単、スピーディー、もちろん人間が講義をすることで、クオリティも高めることも可能です。

最近では新聞・雑誌・テレビなど多くの取材を頂いている最新鋭のスタジオです。

ご見学・下見も随時受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。 http://pandastudio.tv/?page_id=13

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, メールマガジンバックナンバーby.yasu.tanaka0 Comments2012.07.13
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。