メールマガジンバックナンバー【本間正人の『MBAでは教えてくれない仕事術』】その2

●松下幸之助の掘り抜き井戸の話

『ビジネスを成功に導く40のポイント』に中にはハッとされられ、モチベーションを上げてくれるお話がたくさんでてきます。

その中から、第2講「知識より知恵」より、「松下幸之助の掘り抜き井戸の話」を抜粋してご紹介します。

本間「(アシスタントに向かって)松下幸之助さんの話していい?掘り抜き井戸の話。」

アシスタント「はい」

本間「君たちは、考えて考えて考えるんだ。

それは、井戸を掘ることと似ている。

穴を掘っていって地下水脈に辿りつけば水がでます。

でも、多くの人は途中であきらめちゃう。

そうすると、ただの穴が残るだけ。

それで、もっともっともっともっと掘っていくと、あ、水がでた、という話になる。

でもこれはまだ普通の井戸。

桶を吊るしてつるべで水を汲む、あるいは汲み上げポンプで水を汲み上げるという作業が必要になってくる。

でも、松下さんはそれでは不十分だっていうわけですね。

どういうことかっていうと、もっともっともっともっと掘って行けと。

そうすると、地下の水圧が高くなってくる。

掘り抜き井戸というのは何かというと、掘っていくと、別に汲みあげなくても水が湧いてくる自噴泉になるということ。

同じように、物事も考えて考えて考えて考えて考えて考えていくと、そこからは知恵があふれてくるようになるんです。」

個人的にはとても共感できたのですが、いかがでしたでしょうか。

さまざまなお話が登場しますので、あなたにもきっと得るものがあるはずです。

●講座概要

講座名:『本間正人の「ビジネスを成功に導く40のポイント」』

収録時間:約4時間

価格:2,980円(税込)

受講期間:180日間

対象者:ビジネスマン

教材URL: http://elearning.co.jp/?page_id=5133

●『ビジネス成功40のポイント』目次

・小事を重く
・知識より知恵
・視点を変える
・心を伸ばす
・自分を知る
・相手を知る
・空気を読む
・あの手この手
・聴く力が人間力
・声と仕草が物を言う
・体験から学ぶ
・記録をつける
・誰かに話す
・で、どう思う?
・語彙を増やす
・一週間は?
・4分メニュー
・数字に強くなる
・80分メニュー
・移動時間にできること
・資格の活かし方
・自分に合った学び方
・教えることで学ぶ
・新聞の読み方
・話題を増やす
・まずYesから始める
・印象に残る自己紹介
・名刺の受け取り方
・メールの達人
・プレゼンのツボ
・会議で発言
・企画書の書き方
・巻き込み力
・そりの合わない人
・カドの立たない断わり方
・クレーム対応の鉄則
・ストレス発散の方法
・創作活動
・ありがとう
・学び続ける

●無料で講義を見て見よう。

本間先生のお話は、やはり文字だけでは伝わりきれません。

今回は、eラーニング動画『ビジネスを成功に導く40のポイント(抜粋編)』を公開しました。

実際の講義の中から、『1.小事を重く』と『4.心を伸ばす』 の抜粋をお届けします。ぜひご覧になってみてください。

数分を費やす価値はあります。

ログインするにはユーザ登録が必要です。(下記「ユーザ登録」からご登録頂けます。)

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「【第73回】『ビジネスを成功に導く40のポイント(抜粋編』」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本間先生はなんだかプロフィールがすご過ぎて、それだけ見ると、私のような凡人は正直、ちょっと距離を感じてしまったりもします(笑)

しかし、パンダスタジオ http://pandastudio.tv/ でeのラーニング講座の撮影の際、本間先生とお話しさせて頂いたのですが、とっても気さくな方で、一気にファンになりました。

ぜひサンプル動画をご覧になってみてください。
きっと共感して頂けると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, メールマガジンバックナンバーby.yasu.tanaka0 Comments2012.04.09
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。