eラーニング導入こぼれ話【大量動画を一括エンコード!】(2)

動画エンコードマニュアル

▲動画エンコードマニュアル

●大量動画エンコード 3つのポイント

eラーニング用に大量(数百、数千)の動画がある場合、どうしても時間がかかってしまいます。

その動画をひとつひとつエンコードしていたのでは大変ですよね。
そこで、なるべく早く処理するコツがあるのでご紹介します。

ポイント

1.なるべく高性能なPCを用意する。
2.一括処理できる動画エンコードソフトを使用する
3.複数の動画形式に対応したエンコードソフトを使用する

まず、動画というのは基本的にその他のファイルと比べ、容量が大きいものです。高性能なPCを使うことで処理速度を上げましょう。

そして、一括処理、複数形式同時処理ができるソフトを使うことにより、1度のセットであとは終わるまではほったらかしでも大丈夫です。

私たちキバンインターナショナルではTMPEG Matering Works5というソフトを使用しております。今回は、その一括処理の方法をマニュアル化しましたのでご紹介致します。

●eラーニング動画をご覧ください。

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「動画エンコードマニュアル」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

動画のエンコードのノウハウは、蓄積するのはなかなか大変でした。非常に地味な確認作業の繰り返しで丁度いいセッティングを見つけています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES メールマガジンバックナンバーby.yasu.tanaka0 Comments2011.10.12
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。