取っ付きにくい簿記、会計を克服する。

コンテンツバンクでのユニークな先生を紹介します。
公認会計士、税理士の『鈴木啓公(ひろとも)』先生は、大学在学中に公認会計士試験に合格し、大原簿記学校で講師を続けながら、監査法人で働き公認会計士となりました。しかしながら、何故か広告代理店に就職しコピーライターとして活躍したキャリアの持ち主です。現在『パズル式簿記会計(仮称)』、(簿記3級合格対応)eラーニング版を開発中です。

家計においても、ビジネスシーンでも簿記会計は、学んでおきたい知識のひとつです。簿記3級レベルの知識があれば、ビジネスでの見方も随分変わります。書店には沢山の簿記、会計の教材が並べられているももの、これは面白い!これは解り易いという本は少ないですね。良い先生、良い教材に出会う、ちょっとしたきっかけ、ヒントを貰っただけで、モチベーションが高まり、勝手に自分で勉強をしてしまうことって、ありますね。

会計の知識は、現在開発中のファイナンシャルプランナー、中小企業診断士試験でも不可欠な知識です、近々プロトタイプ版の収録がありますので、公開しましたらご意見をください。コンテンツバンクではeラーニングビジネスパックを使った初期費用のないコンテンツの開発が可能です、現在講師募集中です。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.k.kisai1 Comments2011.06.06
TAGS  
記事の投稿者
木済 賢治
慶應義塾大学卒業後、、5年間の銀行員生活を経て大手人材開発会社に25年勤務、主に経営企画、人材開発、人材ビジネス関連の新規事業開発に従事。 現在は株式会社キバンインターナショナルにおいて、eラーニング、Ustreamをベースとした、教育コンテンツのプロデュース、キラーコンテンツを持つ人材の発掘に携わっている。 趣味はジャズピアノの弾き語り

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。